2018年1月 4日 « トップへ » 2018年2月 1日

2018年1月 8日

体全体を改善するには歯の治療だけでは難しい

当医院に訪れる患者さんのほとんどが、本ホームページを熟読された方です。

そして、歯だけではなく、敏感な体質によるさまざまな問題を抱えた方です。そしてその症状もかなり深刻なものです。

「以前受けた歯の治療や、かみ合わせや、虫歯の状態が問題で、さまざまな症状が出ているのではないか?」と気づいた患者さんのほとんどは歯の治療で虫歯を取ったり、噛み合せを治すと、そのような症状は格段に良くなるのですが、完治するのに時間がかかったり、完全には治らなかったりします。

それは、そもそも、そのような反応が出る患者さんは、敏感な体質で、普通の人よりも筋肉が硬くなりやすい傾向があります。私の通っていたオステオパシーの先生の説では、「代謝できない老廃物(おもにたんぱく質など)が細胞内にたまると筋肉や健などの組織は硬くなる」ようで、その老廃物を取り除く方法として、筋肉の伸展運動や、振動をかける方法が有効であるとおっしゃっていました。

老廃物も多くはたんぱく質ですから、刺激を与えることによって分子量が細かくなり、リンパや血液に流れやすくすることで老廃物が除去され、筋肉のコリが取り除かれ症状が改善するといった理論です。このとき、体中に老廃物が一度巡りだすために、好転反応といわれる、「体がだるくなったり、気分が悪くなったりする反応」が起きるのだと思います。

老廃物は、筋肉、健、骨膜組織などに溜まるため、それらの組織の柔軟性がなくなり、老人では足が上がりにくくなって転びやすくなったりします。また骨膜が固まってくると骨自体にも柔軟性がなくなるので、ちょっとした刺激で骨折しやすくなります。また健や筋肉が柔軟性を失うことで健や筋肉の間を通っている神経が圧迫され、自律神経の不具合や、痺れなども起きると考えられます。

私自身が14歳のときに、足を蹴られて大腿骨を骨折しましたが、そのとき、どうしてそんな太い骨が蹴られたぐらいで骨折するのかお医者さんが不思議がっていましたが、おそらくその若さですでに骨膜が硬くなっていたことがひとつの原因として考えられると思います。こう考えると年齢に関わらず組織の固まりやすさや老廃物のたまりやすさは個人差があると考えられます。

老廃物のたまりやすさになぜ個人差があるかを、私なりに考えてみましたが、それはやはり体質も大いに関係があると考えられます。また気功に関係してくると思いますが、エネルギーの流れやエネルギーに対する反応性もこのような体質に大きく関与していると思われます。

エンパス体質という言葉で表現されますが、実はそういった人はエネルギーの流れが滞りやすかったり、エネルギーの影響を受けやすい体質である可能性が高く、人ごみや、エネルギーレベルの低い場所で影響を受け筋肉が固まる経験をしばしばします。

しかし、これらは一瞬で起こることなので、単純な老廃物が溜まるという話だけではなさそうです。このような体質は自分でも気がついていないことがほとんどで、大部分の人はこのような説を疑いますが、実際に治療を受けると、その誤った概念は覆されることがほとんどです。身体に起こっているすべての事を今の科学で説明することが不可能であると理解しなければなりません。

いずれにしても、これらの体質をお持ちの方は、単なる歯の治療だけでなく、物理的なコリを取り除いたり、体内エネルギーの流れを調整してもらう必要があると考えています。


2018年1月 4日 « トップへ » 2018年2月 1日


コールバック予約

PAGE TOP