2017年5月17日 « トップへ » 2017年9月 7日

2017年9月 5日

診療ご希望のお電話をいただきます前に

当医院は、虫歯の痛みから、根の病気、顎関節症の悩みなど、歯が原因と思われる多種多様な症状を伴う患者さんの診療を長年行なってまいりました。

様々な症例の患者さんの治療を行ってゆくうちに、現代の西洋医学では説明がつかない、原因不明の体調不良、自律神経失調症、パニック障害などが、歯の不具合や噛み合わせの異常によって引き起こされることがあることが分かってきました。

このような疾患に対してほとんどの医療現場では、原因不明と判断し、何もしないか、症状を抑えるだけの薬を出すといった対症療法を行なうしかなく、そのような苦しみから患者さんを救おうと研究さえされていないことがほとんどです。

歯に治療を受けてからや噛み合せに不具合があって、これらの症状が出た場合は、噛み合せや歯の治療による影響が大きな原因です。また敏感な患者さんの場合、目には見えいストレス(私どもはマイナスのエネルギーと呼んでいます。現代科学ではまだ証明が難しいです。)がたまりすぎたために起きてしまっていることも少なくありません。

欧米諸国では先進医療としてそのようなエネルギー理論に基づいた治療が実際に行われており、また中国などでは気功などの東洋医学が実際に効果を出せるようですが、日本では残念ながらそのような分野の治療技術をタブー視する雰囲気があるため、それを解明し、実際の治療に生かすことを考える医師は少ないといえます。

これらの現代医療で効果が認められにくい疾患は、現代人の体の変化とともに、物理的な影響だけではなく、マイナスのエネルギーがたまるという、我々の今の科学ではまだ解明できていない、目には見えないエネルギーも原因となっていると考えられます。これらの影響は体質による差があり、敏感な身体であればあるほどマイナスのエネルギーを受けやすく、影響が強く表れます。また歯は体の中でそのマイナスのエネルギーの影響を受けやすい場所といえます。

私どもは、歯科医学的な理論に基づいた歯の治療と歯並びと噛み合わせを治療を行なうだけでなく、身体にたまったマイナスエネルギーを取り除くことも重要視し、その作業を歯の治療と同時に行うことで、患者様を心身ともに健全な身体になっていただくお手伝いをさせて頂いて参りました。

このような治療が良好な結果を出すためには、術者(良好な健康状態が必要です)や使用する材料、治療環境にも強く依存するため、部分的な治療では達成が十分に得られにくいため、全顎的な治療を同じ術者に同じ環境でお受け頂くことをお勧めしておりこます。

また、治療を成功に導くため、そのようなマイナスエネルギーを溜め込む原因となる悪習慣(飲酒や徹夜などの激務)や生活環境を見直していただき、身体を整える治療(当医院でも信頼できる、オステオパシーや整体、気功などを紹介しております)もあわあせて、できるだけお受けいただく様お願い申し上げております。


2017年5月17日 « トップへ » 2017年9月 7日


コールバック予約

PAGE TOP