2017年4月 « トップへ » 2017年9月

2017年5月17日

本当の治療を知っていますか?

私が初めてアメリカの最先端歯科医療の治療技術を学んだとき、時々発せられる師の言葉に戸惑いを感じることがありました。

「技術のある術者にメインテナンスを受けると患者さんはわかるし、二度と別の場所で受けない」、「レベルの高い術者、アシスタントが治療をすると風が吹く」
「正しい歯の治療をすれば患者の身体も心も変わる」、「アメリカ根の治療専門の科では、朝当番の人がバケツ一杯の洗浄液(ネオクリーナー)を作る」

など、日本の歯科教育で受けた内容からは考えられないような意味不明なことを聞かさせれました。

そして、それから20年以上の歳月が経った今、本当のこの言葉の意味が分かる様になってきました。

つまりこれらは全て物理的なものではない、歯科疾患や体の病気の根本原因であるエネルギーについて言及していることに他ならなかったのです。

歯科先進国アメリカでは、最高レベルの歯科教育現場では見えないエネルギーに対する理解も進んでいます。つまり、治療に当たり単に物理的な疾患部位を取り除くだけでなく、そこにたまったエネルギーを取り除くことが非常に重要であることを知ったうえで治療を行うことを教育しているのです。

日本の医療の場合、いまだ解明されていないものに関する理解力が低く、マイナスのエネルギー(一般的には邪気などと呼ばれる)に関しては何かオカルト的なものを感じ、それを認めようとしない傾向にあります。

しかし、アメリカではたとえ現在の科学では完全に解明できないとしても、存在することは認め、それに対するアプローチを治療に役立てるという柔軟な発想があります。かのアインシュタインも現代の科学では証明できない暗黒物質(ダークマター)が存在することを認めています。本当の科学者とはそれを認める度量のある人間です。

「技術のある術者にメインテナンスを受けると患者さんはわかるし、二度と別の場所で受けない」

とは、このような悪いエネルギーを取り除く力のある術者がメインテナンスを行うのと、その能力がない人が行うのとでは、治療を受けた患者さんの感覚が全く違うことを意味します。つまり日本ではヒーラーを呼ばれるような能力を持った歯科衛生士も存在し、そのような人の治療を行ってもらった場合、患者さんは二度と他の人の触ってもらおうとは思わないということです。

このような治療が出来る人は非常に貴重で、技術的なものだけでなく、精神性も高いレベルの人でなければ達成が難しいのです。

「レベルの高い術者、アシスタントが治療をすると風が吹く」

とは、私達の医院では診療中常に窓を開けて換気をするようにしています。その理由は、歯を治療していると口の中からマイナスのエネルギーが大量に噴き出すからです。このエネルギーが噴き出すと、口の周りと外の空間との間にエネルギー差が生じ、突風が吹くことをしばしば経験します。そしてこのようなマイナスエネルギーを患者さんから引き出すことができる能力も、治療をする人と、アシスタントをする人に依存するのです。

優秀なアシスタントはマイナスエネルギーを取り出す能力に長けているわけです。

「正しい歯の治療をすれば患者の身体も心も変わる」

とは、このようなマイナスエネルギーを取り除く治療が出来れば、歯だけでなく、体全体に変化が現れるわけですから、当然身体も心も変化するのです。

「根の治療では、アメリカでは朝当番がバケツ一杯の洗浄液が作る」
これは根の治療では非常に洗浄が重要であることを意味しています。根の中は非常に複雑で、細い管状になっているため、洗浄を執拗なまで行わなければ中にたまったエネルギーを完全に除去できないからです。

本当の治療とはこのようなエネルギーを考慮した治療が必要です。ですから誰が治療をするのか、そしてその治療の考え方がズレていれば患者さんのための最高のレベルの歯科治療とはいえないのです。

2017年5月11日

歯科治療、安くてうまい、無理がある

世の中がイノベーションが進み、ITによって、多くのものが効率化し、機械やコンピューターに取って代わられてきています。

医師法の問題はあるものの、医科における内科医の処方する薬などについては人工知能で代用が可能になりそうな時代が来ました。
しかし、歯科医療については、今まで自動化されたこと、あるいは今後自動化されそうな話は聞いたことがありません。

そもそも、歯科治療における診断と、個々の歯の治療に関して言うと、今後自動化されることはまず不可能に近いと考えたほうが良いと思います。

私自身、様々な患者さんを触診したり、問診したりする経験から考え、同じ症状を訴えても原因はまちまちであり、たった、一本の歯が欠けただけで、一瞬で筋肉のバランスが変化し全身に影響が波及し、全ての筋肉と骨格のバランスが変わってしまうため、元の状態に戻すことさえ非常に難しいのです。

「早くて、安い歯科治療」では、、単にその歯の物理的修復のアプローチを、いかに手早く行うかだけが重視され、その歯に起こった物理的変化以外をみることがありません。

しかし、たった一本の歯が欠けただけで、歯は移動し、筋肉の緊張が引き起こされ、全身がねじれてしまっています。早く、安い治療では、歯のほんのちょっとの高さの違いで体がねじれれば、脊髄もねじれ、結果的に場合によっては思考まで変わってしまうことなど考慮されていません。

物理的代替物による修復はできても、実際には本当の意味で、もと通りにできたとはいえませんから、歯科治療というのは非常に高度なスキルと思考する時間が求められるわけです。

こう考えると、安くて早い治療は、様々な患者さんの治療をしてきた私から考えると相当リスクが高いと思うのです。


2017年4月 « トップへ » 2017年9月


コールバック予約

PAGE TOP