2017年3月22日 « トップへ » 2017年4月20日

2017年4月17日

思考と噛み合せとの密接な関係

「気のせいか?歯の治療した後気分がよくなってきた?」

患者さんから時々耳にする言葉です。
矯正治療で噛み合せの位置を修正し、また首や顎周囲の筋肉を触診しながら、噛み合わせの位置を確認してゆく治療法を8年以上行ってきて、手ごたえを感じる瞬間です。

私の医院に就職し勤務し始めたばかりの歯科衛生士は「何で歯医者なのに、首ばかり触って?失敗をごまかしていんじゃないのかな?」

と疑っていたようです。今は治療設けていただき、身をもってその治療を体験し、疑いも晴れました。
噛み合せの位置を治す時は顎の位置の変化とともに変わってゆく首の骨の位置関係をきちんと確認しておくことが非常に重要なのです。

首は「歯と噛み合せを治すと体調が変わる」に書いてあるように非常に重要な脊髄という神経の束が通っています。

この束は実は脊髄液という液体に囲まれたチューブ状の脊柱管の中で仙骨の先までつながっています。

この脊柱管の太さは個人差が多く、「脊髄の周りにゆとりがある人」と、「あまりゆとりがない人」とがいます。

ゆとりがない人は、わずかな頚椎や胸椎、腰椎の歪で神経の束の一部が圧迫され、全身の調子(胃腸障害や不整脈などの心臓の機能)が悪くなったり、脊髄液の流れが悪くなって、思考力などが後退し、活力が失われてしまったりします。

また、首の周りについている筋肉は頭蓋骨を強く引っ張り、脳脊髄液の循環を不均衡させることとあいまって、「頭蓋骨の変形」を生じさせます。これは特定の機能を持った脳領域(ブロードマンの脳野)にむくみを生じさせ、脳の機能を不均衡にさせます。すると、体全体にもその影響が出たり、感情が不安定になったり、やる気が出なくなったりします。
このような症状を薬で治そうとすること自体ほとんど不可能に近いことは明らかです。もちろん、対症療法的に神経の活性を強制的にあげたり、落としたりすることはできますが・・。

実は何人もの患者さんの頭の形を触っているうちに、歯の矯正をしながら筋肉を緩めてゆくと「頭蓋骨の変形が治ってくる」ことを発見したのです。

脳梗塞になる人はこのような変形具合も強いのではないかと考えています。

現代病だけでなく、多くの疾患がこのような理論で考えると納得できるわけで、こういった治療技術が広がる必要があると思うのです。

以前、具合が悪いので脳のCTスキャンを撮影してもらい、何も異常がないと医師に言われた患者さんが、その画像を持って当院にいらっしゃいました。医師が何も問題がないと診断していましたが、私が診たところ、脳にはきちんとした問題がありました。上記のような考え方で読映をした場合「医師の診断と私の診断とが異なる」部分がいくつもあったわけです。


2017年3月22日 « トップへ » 2017年4月20日


コールバック予約

PAGE TOP