2017年1月 « トップへ » 2017年4月

2017年3月24日

世界基準からかけ離れた日本の歯科!

世界の多くの人にとって、歯科治療は健康維持にとって非常に重要であると考えられています。

日本では、保険制度が日本人の健康を支えてきたことは間違いありません。

しかし、必要最低限と呼ばれる今の日本の保険制度による歯科医療は、何を最低限と呼ぶのかにもよりますが、歯を治すための世界の標準的な歯科治療と比較するには、おこがましいレベルであるといえます。

しかし、残念ながら、日本では国民皆保険制度があるために、歯の治療は保険診療で十分であると思っている患者さんが少なくありません。

しかし、他の先進国の歯科治療レベルと比較すると、保険制度の治療では、金額的にはリーズナブルではあるが、中身に関してはクエッションマークがつく状態であることは否定できない事実でしょう。

国民皆保険制度が、患者さんの歯科の価格やその内容に対する正しい理解を阻んでいることも事実で、その結果日本の歯科のスタンダードは世界のそれと比較してかなりズレているといえます。

近年保険制度での治療では採算が合わなくなったことで、自由診療を取り入れる歯科医院が多くありますが、それが、審美であったり、必ずしも適切とは思えないインプラントなどの偏った治療で自由診療に移行しているのが、日本の歯科の特徴です。


歯科治療自体は本来は地味で緻密な作業で、その地味な作業の積み重ねによって、人間の生命にとって根本的な噛むという機能を維持されるのです。

審美的な目的や、人工の材料を骨に埋め込む手術(入れ歯でもきちんと作れば十分ものは普通に食べれることができる)などは本来の口腔機能を治療する作業と異なるものです。

このような地道な作業は歯科医学的に基本に忠実な治療を確実に行えば本来達成されるものなのです。

ですから、保険の適応があるなしにかかわらず、基本的な歯の治療はきちんと行うことが必要です。

ところが、保険の費用は正しい治療が出来る金額ではない、という事実が知れ渡っていなかったり、基本に忠実で保険適応である治療(虫歯治療や根の治療、入れ歯の治療など)でも、コストのかかる治療を受ける意味を理解していなかったりしています。

そんなことから、基本的な治療では保険を適応し、国のルール上、保険が効かない審美やインプラント、矯正治療だけを活発に自由診療化するという、基礎工事では出血サービス、儲かりそうなところで取り戻すという、日本独特の歯科の自由診療へのシフトの構造へと変遷してきました。

何故このような問題が起こるかといえば、国民会保険制度の中で、歯科医はかならず保険医登録をしますが、開業医となって健康保険適応の医院となると、保険診療を希望された場合、絶対に断れないというルールがあるため、保険適応医院では必ず保険診療と自由診療を同時に行わなければならなくなります。

つまり、レストランで言えば赤字覚悟の定食屋と高級なフランス料理屋を同時に開いているようなものです。
定食屋とフランス料理やでは仕入れる食材も、食事を出す食器も、そしてサービスも全く異なりますから、こんなことは実現不可能です。

しかし、日本の歯科医院は99.9%が健康保険適応医院なので、このような開業形態の歯科医院がほとんどであるといえます。これでは世界レベルの質を保つことが難しいのは当たり前と思います。

つまり皆保険制度が、日本の歯科医療の質を押し下げている現状があり、健康保険が適応でない歯科医院が増えてこなければ、日本全体の歯科のレベルはなかなかあがりそうにありません。

2017年3月22日

原因療法となっていない今の医療

日本の医療の本当のこと!
1、保険診療の本当の意味
日本は病気にかかっても、健康保険があって本当に幸せといえます。
しかし、この制度も遥か数十年前に作られたもの、いまや医師も患者も幸福になるためのものとは到底思えない状況になってきたのです。

いざ病気になったとき、保険制度は本当に助かります。
しかし、この保険制度は実は病気にかかった人のためにあるものです。
つまり、身体に異常がなければこの制度を使うことができません。しかし、身体に異常が起こり、治療を行うということは、必ず実害が出てしまった後ということになるのです。

身体に異常があるということは薬や、手術など、何らかの処置をしなければならない上、たとえ処置を行ったとしても完全にもとどおりに戻ること難しいでしょう。

私はこのような医療を「結果に対する医療行為」と呼びます。
結果に対する医療とは、車で言うと「エアーバック、衝突安全性ボディー、シートベルト(交通事故を起こした際の装備)」といった感じになります。

このような装置はいざというとき場合よって命を守ることができるかも知れませんが、車は壊れ、場合によっては怪我をしたり、人命さえ危ない場合もあります。

ほとんどの人は事故を起こしたいとは思っていません。同様に健康も問題がおきてからでは遅いのです。

ですから、車の技術が進化してきたように、これからの医療は、病気にならないようにする医療「原因に対する医療」でなければならないのです。

車で言うと「アクティブセーフティー(走行安全性やブレーキアシスト、アイサイトなど、事故を未然に防ぐための処置」といえます。

つまり、医療においても、世の中が成熟してくれば、当然このような「病気の原因を作らないための医療」が必要になってくるのです。

しかし、現状の医療での保険制度は、「結果に対する医療行為」にしか適応されておらず。また医師自身も原因のための医療を行う思考の医師が皆無に等しいために、患者さんも原因を取り除くこと自体に対する意識がかなり低いといえます。

このまま制度が維持され続ければ、悪くなってしまったことに対する結果の医療費が膨大に増加し、国は破綻するでしょうし、患者も医師も誰も幸福とは到底いえない状況だと私は考えるのです。

なぜなら原因にアプローチする病院がほとんどないのですから、自助努力をする人以外は、病気になってから医院を訪れ、完全に治ることのない薬を出され続ける医療を受け続けるか、手術を受けるしかないからです。

一方、歯科に関して言えば、噛み合せを整えたり、虫歯を早いうちから治療することによって、体の病気を未然に防ぐことが可能であることは紛れもない事実です。

呼吸の改善などは、まさしく歯科治療が大きな役割を持っていますし、その治療によって生活の質そのものを高めてくれる素晴らしさがあります。

医療における原因に対するアプローチといえば、アメリカでは、「オステオパシー」という医療の分野があり(アメリカでは正式な医師免許です)、この分野では、薬も、手術も行うことなく、筋肉を調整することによって体のひずみを取り除き、バランスを整えることによって、一般に言われる西洋医学(オステオパシーも実は西洋医学ですが・・・)では治せない症状を取り除き、病気の原因を治してくれるという画期的な分野もありますが、保険制度に慣れ親しんだほとんどの日本の人はそれを知りません。
 
非常にもったいなく、残念なことだと思います。


2017年1月 « トップへ » 2017年4月


コールバック予約

PAGE TOP