2016年4月 2日 « トップへ » 2016年4月 7日

2016年4月 3日

Q1.歯の治療を受けてから、体調が悪いのですが、治療と関係ありますか?

Q1.歯の治療を受けてから治療が悪くなることは私が診療した患者さんにも結構いらっしゃいます。

しかし、それはあくまでも患者さんによって感受性や敏感さなどがほかの人とは違うので、自分が具合が悪くなったからと言って、周りの人に聞いてみても同じような症状があるとは限りません。

結果的に自分の感覚がおかしいと考えてしまい、気のせいと考え、いつまでもの治らないので、苦しみ続けるという方は結構いらっしゃいます。

現代人の体は見た目はあまり変わっていませんが、昔の人とは明らかに体質が変わってきており、僅かな歯を削ったり、かぶせ物を変えたりするだけで、顎の位置やかみ合わせが変わってしまい、それによって体調までおかしくなってしまう方が結構いらっしゃるのです。

また選択する材料によっては、材料そのものが体調不良の原因となったりすることがあります。日本では歯科の保険制度の問題(非常に報酬が低評価である)もあり、通常の保険診療で用いられる材料は安価で質が低いものが多く、患者さんの反応によって結果的に、不具合を起こすことが頻繁にあります。不具合を起こさないためにはそれなりの良質な材料も必要です。

患者さん自身が先生に治療を受けたとき、どのようなイメージを感じたかも大切な判断基準となります。

実は治療をする側と治療をされる側はお互いに影響をしあっていると考えられます。

疲れ切っていたり、経営のことばかりを考えている先生では、治療を受ける側の方も当然負の影響を受けますから、体調不良になることも考えられます。これは影響を受けやすい患者さんの場合は特に起こりやすいです。

先生も心のゆとりと、患者さんを心から治療したいという気持ちで治療をしてくれれば、当然良い結果が得られやすいと思います。

治療を受けているうちにどんどん具合が悪くなる様な場合は、自分とは合わない先生でしょうから、病院を変えるべきでしょう。

結局は類は友を呼ぶといわれるように、自分の治療を受けるべき先生を自分で探し出すしかありません。でも諦めなければ必ず出会えると思います。

歯と体との関係に関係についてのQ&A

歯と体との関係に関するご質問
Q1.歯の治療を受けてから、体調が悪いのですが、治療と関係ありますか?
Q2.奥歯に白いかぶせ物(ハイブリット?)を入れてから、転ぶようになりました。歯と関係ありますか?
Q3.受け口の治療を始めてから呼吸が苦しくなりました。治療と関係ありますか?


2016年4月 2日 « トップへ » 2016年4月 7日


コールバック予約

PAGE TOP