2015年5月 « トップへ » 2015年7月

2015年6月26日

根の悩みの多い日本人?

日本の人は、根の治療で悩んでおられる方が結構多いと思います。
私が色々な患者さんを治療しているうちにその理由が、次々と明らかになってきたのです。

1、歯を充填する材料に原因がある場合
2、今まで行われてきた根の治療法に原因がある場合
3、感染根管治療も治すことが難しい
4、根管治療や、根管充填に使う薬剤にも問題があることも

1,歯は硬い組織なので一見生きていないかのように感じます。実際虫歯や、知覚過敏などが起きない限り痛みを実感することはほとんどありません。しかし実際は生きています。

その為に当たり前のように感じでいますが、実は神経も通っていて結構デリケートな組織です。
日本は健康保険制度と言って、皆さんがあまねく世界的に見ても信じられないほどの安医費用で治療を受けることができます。特に歯科はその保険報酬が少ないことが知られています。

しかし、一方でその弊害として、材料のコストや、滅菌コストなどあらゆる必要と思われるコストまでも削減されています。私は電化製品は日本製を多く買いますが、次の理由からmade in Japanの歯科材料をほとんど使うことがありません。

診療報酬の問題もあり、日本の歯科医院では材料コストがかなり抑えられる関係で、高い材料が売れないため、安価な材料が流通して、高価な材料は流通しにくいという構造があります。「悪材料は良材料を駆逐する」といった構図です。しかし、私が調べた限りでは、安価な材料の中には組成に問題を起こす成分が含まれたものが多く存在します。

特に一般的に日本の歯科で用いられているレジン材や、覆罩材などは生体適合性の低い物も少なくなく、結局充填した後で痛みが残ってしまったりして、敏感な患者さんの場合、最終的に神経を抜かれてしまいまう処置となってしまうです。

その結果、痛みや薬剤に敏感な患者さんの場合では神経を抜かれている歯が多くなります。神経を抜かれている歯の本数が多ければ多いだけ、根の傷み等の問題を起こす歯が多くなることは仕方がないことといえるでしょう。

2,根の先端にはすぐ骨があり、そこから細菌が体中に回ります。治療中に根の中に細菌が入らないように配慮する必要があります。それにはラバーダムが有効ですが、保険診療でラバーダムを使って根管治療を行う先生は非常に稀といえます。

昔、保険の診療報酬にもラバーダム防湿を算定することができました。しかし、販売されているラバーダムの数が歯科医院から請求されているラバーダムの数の1/10にも満たない事実が発覚し、ほとんどの先生がわばーだむを実際はしていないで架空に請求していると判断され、今での根管治療でのラバーダムの診療報酬はなくなっています。(これも架空請求をし続けた歯科医の自業自得とも言えます)

根管治療をする際にラバーダムをしないということは根の中を清潔に保つことができません。アメリカなどの報告では神経を初めて抜くときにラバーダムを使ってきちんと治療を行えば95%以上の高い確率で良い結果が得られるといわれています。

今の日本での保険制度下で確実な根管治療をされることは、確率的に見ても低いといわざるを得ないでしょう。

その結果1の理由とも合わせ根の痛みで苦しむ患者さんがたくさんいることになるのです。

3,1や2の理由から、日本では根の中に長い間感染物質が入ったままの根が多くあります、その歯が疲労やストレスが引き金となって痛みだすことがあります。この様な歯を治すことは一苦労です。

長い間根管充填剤と細菌が嫌気性下(酸素の無い状態)混在して存在していたため、嫌気性菌が大量に増殖し、根の中だけでなく、象牙細管を伝わって、かなり幅広く細菌感染が進んでいるため、単に根管をあけ、汚れている部分を掃除をして、洗浄するだけでは痛みが消えないことが結構あります。

そのような場合は、大きく根管を空けて細菌感染が進んでしまった歯を削り取らねばなりません。

いまニッケルチタンなどでできたロータリーファイルなどが普及していますが、これが実際はこのような広く感染を起こした根では、ロータリーファイルだけの治療ではうまく治らないことが多いのです。

4,私が治療をしてきて一番驚いたのは、日本で売られているごく一般的な根管充填用のシーラーや、調薬剤(根の中に入れる薬)なども痛みが消えない原因であったりするのです。

これにはさすがの私も気が付くのに時間がかかり、患者さんに苦労を掛けてしまいました。詳しくはこちらを参照してください。

2015年6月20日

根の治療で感染に配慮するということ?

歯の治療の感染予防について、ISO9001のサーベランスの審査の時によく言われたのが、
「滅菌状態をきちんと維持しているか?」
ということでした。
私どもの医院では何年かかけ、滅菌の状態を維持するまで行き着いていますが、脳外科の治療のような感染対策は私たちの歯の治療では必要ありません。

これはどういうことかというと、空気中の落下細菌や、通常の外からの換気から入ってくるような外気にある、ごく一般的な空気中のバクテリアやウイルスにたいして、脳外科の手術のような無菌室のような設備を備えることは歯科では必要ありません。

これはどんなにきれいに歯を磨いている人の口の中でも、ある程度細菌が存在しており、その量は、通常の空気中に存在する細菌などと比較してもと比べ物にならないくらい多量だからです。

つまり通常の滅菌で、前の患者さんのお口の中に触れた器具が一度完全に滅菌された状態であれば、それを使えば大丈夫といえます。

お口の中の細菌をゼロにすることができないので、歯の手術では、顎を切ったり、癌を取り除いたり、のようなよほどの手術でない限り、無菌室を使うようなことはないのです。

しかし、一方で、根管治療のように根の中にアクセスするような治療の場合は、落下細菌は無視するとしても、細菌を根管内に押し込んでしまうのは問題です。

その為にラバーダムという方法があり、これによってお口と歯とを完全に分け、根管内に細菌が入らない状態で治療を行うわけです。

しかし、根の治療をする際は、根管の入り口部分の歯質や、かぶせものを削り取るために、タービンと言う高速で水を出しながら回転して歯を削る道具を使います。

この水が細菌だらけだったとしたらどうでしょうか?

実際今の日本のユニットは殆どユニット内の水を消毒するシステムが付いていないため、歯を削る際のタービンから出る水に大量の細菌が含まれています。水を採取する間の途中にフィルターを付けるタイプのものもありますが、ほとんどはタービンに入る直前のチューブの中に水カビが生えてしまうので全く意味がありません。

根管治療を行う際、特に抜髄と言って神経を抜くような治療では、このような水を使っての治療は好ましくありません。むろん感染根管治療においてもこのような水を使って治療をするのはより感染を増やすようなもので好ましくありません。

残念なことに日本では、このシステムに対応したユニットがあまりないため、根の治療の専門医でも、このような大切なシステムを導入していない先生が殆どのようです。

もちろんどうやっているかわかりませんが、ユニットの水をかけないよう歯を削っていつと思いますが、アメリカでは既に20年以上も前からスタンダードとなっているこのようなシステムは、専門家として、できるだけ早く取り入れるべきだと思います。

ちなみに当医院では2000年に導入いたしました。

2015年6月19日

診断、治療計画について

初級編のページへようこそ

「ここでは当医院に通院される患者様に、当医院で行われている治療は実際どうなっているの?」
「また自分に今起こっていることは一体何なの?」
「治療中不安になることについてどうすればよいの?」

といった疑問に関して、通院初心者から、上級者にかけてわかりやすく説明してゆきます。
ここでは、まず通院を初めて間もない方の疑問、不安にお答えいたします。
①診断、治療計画編
1、初診の時、顎や首、肩などをもんだり、刺激したりしているのは何のためですか?
2、初診の際に、診断でかみ合わせを取ったり、耳に装置を入れられたり、ものを噛まされたりしていますが一体何をしているのでしょうか?
3、治療計画にステップで分けられているのは何故ですか?
4、治療計画をすべて行うと、治療後にどのようになるのでしょうか?

回答
1、噛み合わせに問題がある人の場合、顎だけでなく、首や肩、場合によっては体全体に歪が広がってしまっていることがあります。

体の歪と歯のかみ合わせとは非常に相関関係が強く、診断時に正しいかみ合わせをつかむためにも、顎や首、肩の筋肉の緊張を取り除いておかねばなりません。

そのために、初診の時は体中の筋肉のコリやゆがみの状態をチェックするのです。
また初診の時に、今のつらさを取るためにも、歪みの原因となっているコリを取り除くためでもあります。

当医院では、初診のこの診断とコリを取ることで、治療がうまくいくかの判定も兼ねております。
次のアポイント時に初診の後で、体が楽になったと感じない患者さんの場合は、治療をしても効果が出る可能性がきわめて低いので、治療は敢えておすすめしておりません。

顎関節症を訴える患者さんの中には、自ら体調が悪いと主張し、周りから注目してもらいたいという願望で不調を訴えたり、精神的な問題が原因のほとんどで、歯の治療をしてもで治る見込みのない方も少なくないからです。

2、当医院では、噛み合わせの診断をするには半調節性咬合器というものを用います。

当医院に訪れる殆どの患者さんが、かみ合わせに左右的な狂いがあったり、奥歯の高さが低かったりするので、正しいかみ合わせを診断するために、顎関節と上の顎の位置関係を正確に記録し、咬合器で再現する必要があります。それができるのは半調節咬合器(上下の顎と顎関節の位置関係や、顎の運動を通常の咬合器より正確に再現できる咬合器)以上の咬合器が必要となります。

その際顔弓(フェイスボウ)と言って、顎関節と、上の歯の位置関係を記録する装置を使います。
その装置で記録を行うので一般的な矯正歯科医院とは違うかみ合わせの採得方法と診断方法を行っているからです。(フェイスボウを用いたかみ合わせの採得は、咬合治療や全顎的な治療を行う医院ではごく標準的な方法です)
下写真参照(写真はフェイスボウト使って模型を半調節性咬合器でマウントしたものです)

この咬合器を使うことで一体何がわかるのでしょうか?
この咬合器を用いると、普通ではわからない、顎の水平的な傾きや、上下の歯の高さの異常などがわかります。


3、治療計画には意味がありますし、治療する順番も決まりがあります。
通常は、お口の中を4つのブロックに分けて治療計画を立てます。
これは一回の麻酔でおおむね片顎の半分の部分に麻酔をかけることが可能だからです。
しかし、虫歯の本数が多い場合は、さらにブロックを分け、前歯は別に治療を行うことがあります。

また親知らずは別にご予約をおとり頂き、埋まり方がひどい場合は一本ずつ抜歯をさせて頂いております。

4、治療後に歯だけではなく、全身の健康状態の改善が得られます。

当医院では、歯のみならず、全身の健康状態の改善も目的の一つと位置付けております。
かみ合わせを治療することによって、頸椎の形状や脳脊髄液の循環の改善等が得られるため、体調が改善します。
ご本人が最も強く改善の感覚を感じられることと思います。
歯の状態があまり良くない方が多いですので、虫歯や根の治療を行うだけでもかなり体調がよくなったことを実感して頂けます。
しかし、歯の治療で改善される体調の改善は私がゴールとしている状態のおおむね20%~30%程度です。
それから矯正治療を行うとさらに70%k~80%の体調改善が得られますので、矯正や、かみ合わせの治療は是非うけて頂くべきだと思います。

2015年6月10日

御通院中の方へ

ご通医院中の患者様へ

当医院では2015年7月1日より、ご通医院中の方専用のページを設けさせていただきました。ご通医院中の方のみにお伝えしたい内容の情報や、メールお問い合わせ画面を作成しておりますので、ご利用ください。

目次
1、ご通院中の患者様のお問い合わせ画面
2、治療中気をつけていただきたいこと
3、治療に関すること(当医院通院患者様ー初級者編)
4、治療に関すること(当医院通院患者様ー中級編)
5、治療に関すること(当医院通院患者様ー上級編)
6、治療の体験談
7、当医院のこだわりのすべて

2015年6月 2日

虫歯の治療について

②虫歯の治療編
1、虫歯の治療は、普通に歯医者さんで治療をすれば必ず治るのものではないのではないのしょうか?
2、以前、虫歯を治療してから痛くなって、結局神経を取ってしまう治療を受けたことがありましたが、そうはなりませんか?
3、虫歯の治療をしながらかみ合わせを同時に直すといわれましたが、一体どういうことでしょうか?
4、虫歯の治療で同じ歯に別々の材料や別々に充填していることがありますがなぜでしょうか?


回答
1、虫歯をきちんと取り除くことも歯科医師の重要な技術の一つです。

歯科医師であればだれでも虫歯がきちんと取り除けるかといえば、それは「No」です。
歯科医師にとって虫歯を取り除くことは最も基本的で、当たり前の技術なのですが、実際にきちんと虫歯を取り除けている先生は実際はは少ないといえます。

虫歯をきちんと取り除き、そこを材料で完全に修復するためには、「術野の確保」、「徹底的な感染資質の除去」、「適切な形態の回復」が必要です。


「術野の確保」・・ラバーダム防湿が治療の欠かせません。また歯科用のライトの明るさは十分に強くなければなりませんし、術者もルーペなどの拡大鏡を使う必要があります。

「「徹底的な感染資質の除去」・・感染資質とは、細菌感染を起こした象牙質や酸で脱灰してしまったエナメル質のことで、これを完全に取り除くには何度もカリエスディテクター(齲蝕検知液)を使って虫歯を染め出し、完全に歯が染まらなくなるまで虫歯を削り取ってゆかなければなりません。意外にこの作業をきちんと行う歯科医が少ないように思います。これは日本の場合、多くの患者さんを診療するので、虫歯の除去に、十分な時間が取れなかったり、診療に必要な集中力がなくなってしまうなどの原因で引き起こされるのです。

「「適切な形態の回復」・・これがなかなか難しく、歯の形はしていてもかみ合わせがきちんとできていないことが意外に多くあります。
アマルガムや、レジン、グラスアイオノマーなどの直接歯に材料を詰める場合は、噛み合わせの高さと、噛む合う位置をきちんと再現できなければ、場合によっては体調までおかしくなることがあります。

多くの詰め物で、高さが足りなかったり、強度が足りなかったりして、低い詰め物になっていることをしばしば見かけます。

当医院でかみ合わせがおかしく体調不良になってから通院にいらっしゃるかたのほとんどがこのような適切な形態を付与したり、十分な強度のある材料で形態を回復しなかったために起こっています。また使用する材料によってもちが違います。天然の歯でも壊れてゆくのですから、人工的に入れられたものが永遠の耐久性があると考えるのは間違いです。
過酷な使い方をすればそれだけ材料の寿命も短くなるのです。

これが、私が安易な審美歯科は治療としてはお勧めできない理由です。

2、神経を取ってしまわなければならなくなる原因には「神経を十分に保護していない」、「虫歯が十分に取り切れていない、あるいは治療中の感染対策が不十分」、「使ってい材料が歯に刺激がある」などがあります。

「神経を十分に保護していない」・・虫歯は深い場合神経に相当近づいていることがあります。神経に近いと金属材料の場合は冷温の刺激で神経が死んでしまいますし、レジンなどの材料やセラミック材料を接着する接着剤でも、深い虫歯の場合は神経がいたくなって結局最後は失活してしまいます。グラスアイオノマー材料は歯科材料の中でも生体親和性が高く、ほとんどの場合神経が失活するようなことはありません。

金属材料やレジンなどを深い虫歯に充填する場合は、必ずMTAのような生体親和性の高い神経覆罩材を使用することが必要です。

「虫歯が十分に取り切れていない、あるいは治療中の感染対策が不十分」・・虫歯が十分に取り切れていないことは当然痛みが出る原因となります。また一方で意外に忘れれがちであるのが、十分な感染対策が取られているかです。

当ホームページに書いてあるように、歯を削るタービンやエンジンから大量の細菌を含んだ水が出ることがあります(日本はまだこの感染管理に関しては世界的に遅れています)。これによって虫歯を取り除いても感染物質をまきながら治療していることになるので、敏感な人では痛みが出ることも少なくありません。ラバーダム防湿はもちろんのことタービンなどの使う水にも感染対策をしていることが重要です。

「使ってい材料が歯に刺激がある」・・歯に詰める材料もメーカーによって様々な配合がされており、その中に入っている物質によっては痛みが出やすいものも多くあります。メーカーの開発力と価格設定はまちまちで、物性の良いものはやや高めになる傾向があります。歯に充填する材料は十分な吟味が必要です。

3、普通、虫歯を治療するときにかみ合わせを変えることがしないですが、私どもはかみ合わせも治す前提で治療を行っております。

当医院のホームページでも書かれているように、日本人のかみ合わせはほとんどの場合低位(かみ合わせが低い状態)にあります。また大臼歯部などに最近では審美治療と称してレジン充填が多くされていることでかみ合わせが低くなっていたり、かみしめで歯が欠けたり削れたりして、かみ合わせが低くなっている人が多くいらっしゃいます。

このようなことから、特に奥歯のかみ合わせは高くするようにしながら虫歯の治療を行ってゆくので、虫歯の治療をしているときでもかみ合わせが変化してきて体調がよくなってくることを実感される方が多いようです。

特に第二大臼歯を虫歯治療と同時にかみ合わせを高くする治療は積極的に行っております。
しかし、その高さを上げる量もわずか数十ミクロンから数百ミクロンであることが多く、実際に目で見てわかるほどの量ではありません。しかし、体調は格段に変化するのですから、いかに噛み合せが大切かがわかります。

4、歯は一度削ってしまうと必ず弱くなります。また、削る体積は少ない程歯は長持ちします。

虫歯は歯の最も弱い部分や、磨きにくい部分にできます。すべての部分がダメになることはなく、基本的には虫歯になった場所だけをきちんと詰めてあげれば、十分長持ちします。
昔は、十分な技術や器具が無かったり、保険制度上の問題から大きく歯を削ることがしばしばありました。しかし一本の歯でも虫歯のある部分だけ何か所にも分けて治療を行えば歯に与えられるダメージははるかに少なくなるのです。


2015年5月 « トップへ » 2015年7月


コールバック予約

PAGE TOP