2013年7月 « トップへ » 2014年4月

2014年3月31日

4-ハンドシステム

4-ハンドシステムとは、日本ではまだあまりなじみがありませんが、アメリカでは20年以上も前から行われている治療のスタイルです。

今、歯科治療は高度化し、ルーペや顕微鏡を用いた治療がアメリカでは当たり前のことになっています。

もはや肉眼で治療をしていては、精度の高い治療を行うことは難しく肉眼では、確実に歯を治すことは、もはやできないということは今日では一般に知られるようになってきました。

しかし、ルーペや顕微鏡を用いた治療はドクターに大きな肉体的な負担を強いることとなります。したがって長時間の治療を行うとドクターが十分な集中力を保てず大きな問題でした。


これを解決したのが4ハンドシステムです。

私たちは2009年に4ハンドシステムを導入し、治療の効率化を目指してきました。
現在はアシスタントも完全にこのシステムに慣れ、、治療効率は格段に上昇したのです。

下の写真のように、アシスタントはドクターの利き手とは反対側に位置するテーブルから治療器具の受け渡しをしますが、このタイミングが大切で、ドクターのストレスを感じさせない様に受け渡しするにはアシスタントに高い能力が要求されるのです。

DSC_0032aa.jpg
1DSC_0021a.jpg

2014年3月25日

CTスキャン

CTスキャン

当医院では2014年1月よりCTスキャンを導入いたしました。CTスキャンによってより正確にお口の中全体を診断できたり、矯正治療における根の方向や、根管治療においてはレントゲンでは発見できなかった根の位置や向きをより正確に診断できるようになりました。下画像のように3Dで根の状態を確認できます。当医院では主に頸椎と顎の3次元的な位置の確認、埋伏智歯の位置、矯正治療での根の方向確認(160cmモード)根管治療の根の状態確認(詳細モード)にCT撮影活用しております。モードによってスライスの幅がちがいます。



下の写真は根管治療に用いる詳細モードです
1CTroot.png
下の写真は矯正や顎関節症の診断に用いる広範囲モードで、頸椎のゆがみの診断等に使っています。左の像では頸椎は正常に近いのですが、右の像では頸椎が全体的に歪んでいます。このような診断がCTのおかげで、できるようになりました。
CT736.jpgCT112.jpg 私がこのCTを選んだ理由 1、開業医が無理せず買うことができる価格である。
2、矯正用の頸椎が撮影できる広範囲のモードがある。
3、根管治療用の詳細モードのボクセルサイズ(スライスの幅)が最も小さい(65μm)
であるため、すべての診断でCT撮影使い尽くす当医院の治療に向いています。
当医院ではCT撮影を 埋伏智歯の位置確認
矯正の際の個々の歯の根の植立方向確認
頸椎の状態の確認、顎の変位の状態
歯周病の確認
根管の詳細を確認
に使っています。 他のメーカーのCTは詳細モードでもボクセルサイズが十分でない、あるいはボクセルサイズが十分でも頸椎まで写るモードがないなど、機種によって機能の偏りがあったためです。 詳細でも広範囲でも同じ装置で撮影できるRF社のCTがあったことは当医院にとっては救いでした。

2014年3月16日

ロータリファイル、垂直加圧根管充填器

当医院では根管治療の精度をより上げるため、下記のような機器を用いております。
DSC_0004a.JPGX-スマートplus
根管治療は今まで指先の感覚でファイルを用いて拡大することが基本でした。しかしX-スマートplusのようなロータリファイルの出現によって、治療が効率化し、なおかつ、確実にきれいな根管の拡大ができるようになりました。

ロータリーファイルはきれいに拡大できる一方で、一本一本が高価でありながら、折れる心配があるため、できるだけ1回から2回の使用で捨てる必要があります。
その為、コストがかかることが難点です。


DSC_0006a.JPGサーマプレッププラス
写真は当医院で使用しております。垂直加圧充填機のサーマプレッププラスです。
サーマフィル充填に使われます、サーマフィルは使い捨てです。


sf030.jpgX-スマートを用いることによって、規格化されて開けられた根管に形成されたのち、規格化されたサーマフィルを充填することによって、非常に緊密でなおかつ効率的な根管充填を行うことが可能なのです。

右の写真は各根管充填の拡大のサイズに合わせたサーマフィルの写真です。
中のプラスチックの心棒部分が規格のサイズと同じで、周りについているガッタパーチャが、細かい根の側枝に入ってゆく仕組みになっています。


2013年7月 « トップへ » 2014年4月


コールバック予約

PAGE TOP