2012年8月 5日 « トップへ » 2013年3月27日

2012年9月30日

当医院では以下の患者さんの症状に対して治療実績がございます

当医院は他の歯科医院とは異なり、かみ合わせを治療すること主眼としており、歯の耐久性のある状態の戻すことは勿論、歯に関係した全身の不調を取り除く治療もおこなっています。

従いまして下記のような患者さんが治療を受け、治ってゆかれます。

1、かみ合わせが低く悩んでおり、自律神経失調症のような、医科では治療法がない症状に悩む方
自律神経と歯の治療とは一見関係ないように思われがちですが、歯の奥の高さが低い場合、頸椎が歪み、脊髄液の流れが悪くなるため、自律神経失調症や、不安症などの症状が出ることがあります。当医院では橋本病、甲状腺機能亢進症などにも治療成果を出しています。

2、かみ合わせが深く、疲れやすい。また歯ぎしりやかみしめがひどい
かみ合わせが深い患者さんは、子供のころからストレスを受けやすい方が多く、このかみ合わせの深さから、より噛みしめや歯ぎしりがひどくなってきます。このような噛みしめや歯ぎしりによって、首が異常に凝ったり、疲れやすかったりします。当医院で治療をすることでえらの張りが全くなくなり、整形したのではないかと勘違いされるほど顎の状態が変わった例も少なくありません。

3、顎に梅干し状の緊張がある
このようなお口の周りに緊張があるのは顎の筋肉のゆがみがあることが原因です。このような緊張はゆがみを取り除いてゆく過程で徐々に取り除かれ、呼吸の質などが変化してきます。

4、息が苦しい、寝ても疲れがとれない
呼吸が苦しい原因は、ほとんどかみ合わせと顎の位置が悪いことです。また、寝ても疲れがとれない原因のほとんどが、睡眠時無呼吸が原因で、歯とかみ合わせの位置を治すことでこのような呼吸障害の原因そのものを治療することが可能です。


2012年8月 5日 « トップへ » 2013年3月27日


コールバック予約

PAGE TOP