2010年4月20日 « トップへ » 2010年5月11日

2010年4月27日

噛み合わせ治療には総合力が必要です

「噛み合わせを治療するには、被せものがうまくできる先生なら大丈夫」
そう考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

残念ながら、

噛み合わせの治療は総合的な治療技術がないと難しい

と私は考えます。

実際、わたしが治療した患者さまの中には、噛み合わせは治してあるのに、根の治療がだめだったり、虫歯をきちんととっていなかったり、といった不完全な治療で、再発している患者さまが多くいらっしゃいました。

また、歯の治療がある程度きちんとできる先生がいても、意外に噛み合わせに対する知識が十分にある先生は少ないのです。

噛み合わせまできちんと治すためには、その前提として、虫歯や根の病気、歯周病をキチンを治せることと、噛み合わせに対する知識が十分にあることの両方が必要なのです。

それから、噛み合わせの治療でも場合によっては、矯正治療が必要になる場合があります。

そのような場合は、もちろん矯正治療に関する知識もないと、かぶせもので噛み合わせを治すことしかできなくなり、歯を削ってかぶせる治療しか選択できなくなります。

噛み合わせの不具合が体に与えている影響を取り除くことが重要
私自身感じたことは、これら歯の治療すべてのレベルを全体的にあげることによって、治療時にお口全体を鳥瞰視することができるようになったため、非常にクリアーに患者さまの問題点をとらえることが可能になりました。

そして、最終的には、歯の治療と噛み合わせの治療のみならず、噛み合わせの不具合が体に与えている影響を取り除くことが重要であると気づいたのです。

噛み合わせまで含めた治療は、歯の治療を行う上で非常に重要であると同時に、総合的な知識と技術が必要なのです。

これはインプラントを打つよりもはるかに難しく、習得に時間がかかるのです。


2010年4月20日 « トップへ » 2010年5月11日


コールバック予約

PAGE TOP