2009年4月16日 « トップへ » 2009年4月18日

2009年4月17日

精度の高い矯正治療を行うために

精度の高い矯正治療を行うために

当院では矯正治療はもちろん、

・虫歯や根の治療
・かぶせものの治療
・顎関節症治療

も取り扱っております。

矯正治療は歯の治療の集大成だと考えているからです。

虫歯や根の治療、かぶせものの治療、顎関節症治療、かみ合わせの治療すべてが行える先生が矯正治療を行わなければ、矯正治療によって顎関節症になったり、治療後に、虫歯や歯の根の病気がひどくなって抜歯にになったりしてしまいます。これでは何のために矯正治療を行ったのかわからなくなってしまいます。

つまり、矯正を担当する歯科医師には、歯科治療で最高の能力を必要とされるわけです。

残念ながら、そのような能力を持っている先生は日本には非常に少ないといわざるを得ません。

虫歯の治療がきちんとされていなかったり、根の治療が不十分ですと、必ずアゴの周りの筋肉に緊張が出てきます。そのため、顎の位置を正しい位置に誘導することができず。かみ合わせを治そうとする矯正治療を行っても、正しいかみ合わせの位置が上手く得られないといった問題が起こるのです。

それに加えて、歯科治療には技工操作(矯正装置や位置づけ装置を製作すること)が不可欠です。当院では技工操作も、院長自ら行っております。ご安心して治療をお受けください。

噛み合わせ位置を守るOSAMU式リテーナー

当医院では、矯正後の後戻りを避けるため、OSAMU式リテーナーを作成し、治療後2年間は24時間、その後も少なくとも寝るときははめていただくことをお願いしております。

下がリテーナーの写真です。
1DSC_0355.JPG

OSAMU式リテーナーの長所
1、全体で歯の位置を押さえるので、歯が移動しにくい。
2、寝ているときの噛み締めなどの力から歯を保護することができる。


当医院では、顎関節症の患者さんや非常に体質が敏感な患者さんが多く、かみ合わせがわずかにズレただけで、体調の変化をきたしてしまうため、通常のワイヤー式のホーレータイプリテーナーを作成しておりません。

もちろん、敏感な方でなくても、かみわせのズレは体調を非常に悪くさせますので、どのような方でもOSAMU式リテーナーはお薦めです。

このリテーナーには下記のような欠点があります。1、全体の歯を覆うため、したままであるとしゃべりにくい。
2、かみしめなどで奥歯の部分が割れる。
3、材料の確保が難しい。

今のところ、かみ合わせを適切に維持する(特に大人の場合)リテーナーはこのタイプしかないことが、私の長年の経験でわかってまいりました。

割れたリテーナーをし続けていると歯の移動を可能にし、場合によっては体調に変化がでることがあります。

リテーナーの奥歯部分が割れてしまいました場合、できるだけお早めにお作り直しください、かみ合わせに問題が出る場合がございます。
再制作費は12,500円(税抜)です。リテーナーは経時的にも劣化を起こすため1年から2年ごとに作り直しをすることをお勧めいたします

また現在リテーナーに使用されます材料が販売中止となったため、在庫の板がなくなり次第、材料が変更になります。新しい材料はやや締め付けが弱い傾向がございます。あらかじめご了承ください。

現在の板の在庫は十分に確保しておりますが、できるだけリテーナーを壊さないよう大切にお使いください。

当医院の矯正治療の特徴

当医院の矯正治療は他の歯科医院の矯正治療とは全く考え方が違います

ほとんどの矯正医は
・見た目のきれいさ(きれいに歯が並んでいること)
・上の歯と下の歯が噛んでいること

のみに注目しています。

勿論これだけの治療を行うのでさえ、非常に難しいのですが、これでは本当の矯正治療の醍醐味の半分も達成したことにならないのです。

そもそも、上の歯と下の歯がしっかりかみ合ったとしても、食べるためには十分ですが、適切な顎の位置でかみ合っているかという問題が残るわけです。

顎の位置は全身に対するバランスを保つうえで非常に重要です
実は顎の位置は全身に対するバランスを保つうえで非常に重要な役割をします。

私自身独自のレントゲン分析法を行うことによって、顎の位置によって頸椎の形態や位置が、前後的、左右的に変化することに気が付きました。

また頸椎が適切な形態であったり、位置であったりすると、患者さまの手のしびれや、内臓の運動などがよくなってゆくことを発見しました。

つまり、結果的に頸椎の形態や位置が適切になるようなかみ合わせを与える必要があるわけです。

6年ほど前からすでにそのことには気が付いていましたが、その位置で歯をかみ合わせるように矯正治療をすることが最も難しい部分でした。

現在ではほぼすべての患者さまで正しい顎の位置に移動することができるので、治療後にはすべての患者さまが、治療前の状態を見ると驚くほど変化しています。

21世紀には間違いなく、このような手法を用いた矯正治療が主流になってくると思います。


2009年4月16日 « トップへ » 2009年4月18日


コールバック予約

PAGE TOP