2009年4月 8日 « トップへ » 2009年4月11日

2009年4月10日

漂白治療を行うとき

根管治療を行うとき01歯の漂白を行う際にする防湿法です。これはフロスで結ぶことで、危険な薬液が、口の中に漏れるのを防ぎます。

以上のようにラバーダムは治療を行いやすくするには欠かせない器具です。

また近年、審美と称して、白い歯を入れることがブームになっているようですが、ラバーダム防湿もしないで治療を行うことは、ほとんどの場合で虫歯になってしまうため危険です。

治療器具滅菌管理について

当医院では、感染予防水準が高いアメリカと同じ感染予防対策を行っております。これらの作業は手間と、コストがかかるため、別途費用(2,160円)を毎治療ごとにいただいております。

IMS2.jpg器具の消毒・滅菌詳しくはこちら
当医院では、アメリカのHu-Friedy社のIMSシステムのプロトコールに従ったIMSカセッテを用いた感染予防対策を行っております。

右図のような、イメージに従って使用された器具は洗浄、消毒され、滅菌用IMSラップに入れ滅菌され、半永久的に滅菌の状態を維持することができます。開封は、治療直前まで行いません。
当医院では2013年よりIMSシステムを導入し、治療ごとの器具セットを作成し、外科手術と同じ管理をすべての治療で行っております。

1R0019286.JPG根管治療器具の滅菌
根管治療は、細菌をいかに防ぐかが、治療結果を左右するカギです。そのため治療器具には細心の注意が必要です。
● 右は根管治療用のカセッテを開いたものです。ファイルや根管治療に必要な道具はすべてセットされております。








根管治療器具の滅菌● 術者が触れる部分には、必ずディスポーザブルのテープを巻いています。

感染を防ぐための設備

本医院は衛生管理のために、次のような設備を備えております。

1DSC_0005.JPG酸性水生成器右写真

ファインオキサーは酸性水という、強力な抗菌性をもつ機能水を生成する器械です。

厚生省の食品添加物として認可されております。

また環境にほとんど影響ありません。当医院では洗い物の予洗い、手洗い、ユニットに流す水に使用しています。

感染を防ぐための設備02

強酸性水の抗菌性
当医院で使われている強酸性水は、アジア各国を騒がせた「SARS」対策で使われたものと同じ種類。当時、道に消毒剤をまく風景が放映されたましたが、それが、環境に安全で、殺菌効果の高い、強酸性水だったのです。
(2012年4月、器械の経年変化から入れ替えを行いました)

ファインオキサー(5つの特徴)
1.錆びにくい強酸性水
強酸性水は強力な殺菌力があることは知られていましたが、さびやすいという欠点がありました。しかしファインオキサーは特殊な半透膜を使用することで、さびの原因である塩化ナトリウムを減らし、器具が錆びることは非常に少なくなりました。

2.低ランニングコスト
ファインオキサーは水と塩さえあればいくらでも強酸性水を生成できます。したがってどんなにじゃぶじゃぶ使ってもコストは一日10円もかかりません。

3.殺菌力が長持ち
不純物が少ないため、今までの強酸性水と違い、2ヶ月程度安定した殺菌力を保持します。

4.安全
強酸性水は誤って飲み込んでしまっても安全、厚生省労働省が野菜の洗浄に使用することを認めているほどです。医療で殺菌で主に使われてきたグルタールアルデヒドは扱う人にも健康に悪く、廃液は環境を著しく汚染します。

これは、強酸性水の殺菌性が体内のマクロファージが侵入してきた細菌を殺す際に使う成分と一緒なので、安心で環境にも優しい殺菌力の高いものなのです。

オートクレーブ

オートクレーブ 滅菌できるものはすべてオートクレーブという滅菌装置でしております。滅菌したものは専用の袋もしくはラップに入れられたまま保管されます。滅菌状態はあけたり、破けたりしなければほぼ永久に維持されます。

オートクレーブはクラスB(ブリオンなども不活化できるもの)対応の器械です。当医院では故障に備え、予備のオートクレーブを2013年に購入いたしました。

滅菌データはLISALOGにて管理します。LISALOGでは、毎日の滅菌データをテキストファイルにしてメモリーに記録します。その記録をサーバーに移し、記録として当医院に保存します。将来、患者さまに感染等の問題が生じても、トレースが可能です。
以前はプリンターでプリントアウトしていたが、消えてしまう心配があり、デジタルデータに移行しました。
(ヨーロッパでは滅菌データの保持はすべての医院に義務づけられています)
左がLISALOGのデータ、右はLISALOG本体です。
LOG.png
DSC_0144s.jpg

クワトロケアー

クワトロケアーこの装置はタービン、エンジン、スケーラー等の清掃とメンテナンスに使用するものです。

当医院では開業当初からこのようなメンテナンスを行ってきたおかげで、20年以上経過したタービンやエンジンが大きな故障もなく使用できています。

自動洗浄システム

自動洗浄システム当医院では、日本で初めて「バキューム自動洗浄システム」を導入しました。アメリカでは、すでに15年以上前から、ダブルバキューム(一つは患者さんのお口の吸引、もう一つは、お口をゆすぐときに使用するカップ用)とサライバイジェクター(排唾管)を洗浄システムとしてユニットともに使われてきました。

日本では、バケツに洗浄剤を入れて洗浄しているので、非常に効率が悪いのです。これからの日本はこのような効率的なシステムが必要なるでしょう。

この洗浄器によって、バキュームの洗浄を効率的に行い、常に清潔な状態を維持させることができます。


2009年4月 8日 « トップへ » 2009年4月11日


コールバック予約

PAGE TOP