2009年4月 6日 « トップへ » 2009年4月10日

2009年4月 8日

"噛み合わせ"から考える入れ歯・ブリッジ

噛み合わせから考える入れ歯・ブリッジ"入れ歯が合わないという患者さまがいらっしゃいます。その多くは噛み合わせに原因があります。

特に総入れ歯の場合は、噛み合わせが違っていると、痛みや、すぐに外れてしまうなどの問題を引き起こします。きちんとした入れ歯は、かめばかむほど安定してきて、はずそうとしても取れなくなるまで安定します。

また、噛み合わせが安定すると、自然に首の筋肉の緊張がとれ、よりよい体の状態になることができます。

最近では、アゴの骨に歯を固定するインプラント治療もありますが、きちんとした入れ歯を作ればかめるようになります。

ですから、大掛かりな外科手術まで行ってインプラントを入れる必要はないのではないかと私は思います。

噛み合わせまで考えた入れ歯・ブリッジを作ります
残念ながら、噛める入れ歯を作るためには高い技術が必要です。十分な技術を持っている先生は少ないため、インプラントに頼る先生が多いのだと思います。

インプラントは人生の終末期や、女性は閉経後骨の減少など、不確定な要素がたくさんあります。また手術自体も非常に危険を伴いますから、しなくてすむものであればしないで済ませたいものです。

ちなみに歯には歯根膜というクッションの役割をする組織があります。一方インプラントは骨に直接くっついています。ですから、部分的にインプラント治療を受けるということは、車に例えれば、タイヤを一箇所だけサスペンションの無いものに交換するようなものです。誰がどう考えても無理がある治療なのです。(それを知りながら敢て治療したり、正しい考察のできない先生のいかに多いことか!)

また、ブリッジの治療を行った後に噛み合わせの不具合が起こる人も少なくありません。これはブリッジの治療自体が噛み合わせと大きく関係していて、非常に難しい治療だからなのです。

特に一番奥の歯を含むブリッジのの場合、治療前と同じ高さの正確な仮歯を作らないと、ブリッジが完成するまでに、噛み合わせはが変化してしまいます。

すると、翌週いざブリッジを入れようとすると、大きく噛み合わせを調整することが必要になり、結果的に以前とは異なる噛み合わせとなってしまいます。

噛み合わせが狂うと、からだのバランスまで狂い結果的に体全体の不調にまでつながることがあります。

私は10年以上、噛み合わせを研究し、多くの入れ歯・ブリッジの治療を成功させてきました。現在入れ歯やブリッジを検討している方、ぜひ当院までご相談ください。


2009年4月 6日 « トップへ » 2009年4月10日


コールバック予約

PAGE TOP