トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 快適な歯並びと噛み合わせで健康を » その方法、あなたがのぞんだ治療ですか?

あなたが選ぶ治療法!

矯正治療は、もともとは歯並びや、噛み合わせが悪いことを治すための治療でした。

しかし、近年では患者さんの要求を重視するあまり、「本来の矯正の目的と違うのでは?」といった治療まで増えています。同時に治療によるトラブルも少なくないのです。

「どん治療が自分にあうのか?」「治療に何を求めているか?」で慎重に考えて治療を選ぶべきです。

「見えない、目立たない矯正!」「スピード矯正」、安易に治療を受け、結果的に「見た目は良くなったけど、体調がおかしいかも!」、とか「噛んではいるけど、かみ合わせに満足できない!」、といったトラブルもあることは、勉強した歯科医であれば知っていることなのです。

「矯正治療のやり直しは少なくない!」矯正の難しさを知っている先生にとってはむしろ常識なのです。
治療法で考える、自分にあった治療法とは?
矯正の方法もいろいろあります。自分に目的にあった治療法を選びましょう。当院は歯と噛み合せの治り重視でメタルブラケットのみですが、そのほかの治療法は実際どうなんでしょうか?
1、外側の矯正、金属の目立つ矯正、メリット、デメリットは?

当院は外側で、目立つ金属のブラケット、ワイヤーしか使いません。
この装置が、歯と顎の負担をへらし、噛み合わせの治療ができるからです。それが患者さんの良い結果につながることを知っているからです。

見た目は目立ちますが治療が終わるまでの辛抱です。本気で歯と噛み合わせを治す気がある人が選ぶべき装置です。

また歯科治療の先進国であるアメリカでは、透明なブラケットや裏側のブラケットは人気がなく、歯科医院にもあまり売れていないと海外メーカーの矯正業者から伺ったことがあります。機能を考えると表側の金属ブラケットが良いと知れ渡っているからです。

また矯正治療はステータスのシンボルでもあるのでわざわざ隠すこともしません。

2、マウスピース矯正のメリット、デメリットは?

急速に普及してきたマウスピース矯正、「テクノロジーも進化して、どんな歯並びでもうまくいきそう!しかも楽チン!」そう思われる方も少なくないでしょう。

しかし、この治療はアメリカで前歯の見た目にうるさいハリウッドスターにすでに20年以上前から知られるテクニックで、「きわめて限られたケースだけに適応」できる治療なのです。

日本人は、骨格が欧米人とは違い難症例も多いのです。

普及に伴って、適応症とは思えない患者さんまで治療の対象になっているのが今の流れです。

「5年たっても歯が隙間だらけ」、とか「奥歯が全くかみ合わない」といったトラブルもあり、結果的にブラケット矯正でやり治している人も少なくないのです。

でも奥歯やかみ合わせを考えず、前歯だけの治療や、ブラケット矯正で動かなかった歯の微調整程度なら大丈夫です。

歯並びを治すためのマウスピース矯正は、むしろ美容プチ矯正といった位置づけです。本気で治療をしたい人がお金をかけてまでうける価値はありません。

2、ブライダル矯正、スピード矯正のメリット、デメリット?

「結婚式までに歯並びを治したい!」期間が決まっていたり、治療スピードだけを求める人にはもってこいの治療です。

治療期間短縮はうれしいものの、それに付随したリスクも考えた上で、自分の身体に合うか検討する必要があります。

矯正治療では歯を動かすのに、歯の周りで、骨を溶かして骨を作るという作業が繰り返し行われています。歯の移動するはスピードは人によってはまちまちです。

結局「予定までに間に合わなかった!」とは「途中で終わってしまった感じ!」といったことは良くあるのです。矯正治療の難しさを知っている先生はやたがりません。

3、歯を抜く矯正は?

もちろん全ての患者さんが抜歯なしで治るわけではありません。しかし、一度抜いた歯は二度と戻りません。慎重に考えて決めましょう!

歯を抜く矯正の理由がほとんどが見た目の要求からです。欧米人のモデルのような顔立ちをもとめて抜歯矯正を望む人が後を絶たず、その結果取り返しのつかない問題が起きている例も少なくないのです。

骨格は人によってまちまちです。特に日本人は欧米人より前歯が出っ歯になりやすい骨格なのです。違う骨格なのに、同じ見た目を求めること自体に無理があるのです。

審美性を求めた矯正治療が原因であることにも気づかず、体調不良(不定愁訴)に一生悩まされている人も少なくないのです。

4、裏側の矯正のメリット、デメリットは?

裏側の矯正は治療中全くブラケットが見えません。これは、芸能人など、歯を見せることが仕事で当たり前の人にとっては重要です。

アメリカでは、「歯並びが就職に影響したり、家庭環境を判断されたりする」お国柄なので、ほとんどが大学卒業までに治療をうけます。成人まで治療出来なかった人は、それを隠して治療を受けたいとの願いから生まれたのが裏側の装置を使ったテクニックなのです。

表側のスタンダードの治療と比べ歯の移動に制約があり、治療の仕上げが難しくなる傾向があります。また、裏側の装置は、外側の装置と違い歯列を内側に絞り込む力がかかり、「歯列を広げる力がかかりにくい」ことと、「歯が磨きにくい」といったデメリットがあります。

「歯を見せる職業でない人」が選ぶべき治療ではありません。

いずれのテクニックも矯正治療は行えます。しかし自分が何を求めるを良く考えてからテクニックを選ぶ必要があるでしょう。

歯の矯正で何を治したいのですか?

矯正の目的は一体何でしょうか?
例えば、笑顔の時に見せるきれいな歯並びでしょうか? 美容でいえば、そうでしょう。

しかし、歯の矯正はそんな単純なものではありません。生半可な気持ちで受けては絶対にいけないものなのです。

特に、かみ合わせをきちんと考えないで治療を行うと、将来歯ぎしりやかみしめがひどくなるぐらいならまだしも、ひどい肩こりが出たり、場合によっては体のバランスさえくるってしまうことがあるのです。

下手をすると、せっかく時間と労力とお金をかけたのに、何の意味もなくなるだけでなく、見た目が少しばかりよくなった代償に体調不良が残ってしまうのです。

よく、肩こりがひどくなって周りに相談すると「年のせいじゃないの?」なんて勝手に判断されてしまうのですが、私自身、矯正治療をして、顎の位置を修正し、整体で固まった筋肉をほぐすと、今までのコリが嘘のように調子が変わりました。

かみ合わせを治すために矯正を時間をかけて行う。

そういった気持が無いと、治療をしても意味がないどころか、かえって治療後に大きな体のダメージを受けてしまうこともあるのです。

かみ合わせも含めた納得のいく矯正治療
「矯正はたいへんだ!」とよくいわれますし、「もっと早く終わらないのか?」という声もよく耳にします。

「短期間で矯正治療が終わる」といった宣伝広告もよく見かけますが、はたしてそれが自分にも適応できるのか、よく調べる必要があります。甘い言葉につられてはいけません。

人のかみ合わせは千差万別、歯の矯正にはそれなりに時間がかかることが多く、すべての症例が短期間で終わるなどあり得ないのです。

こんなことを書くのも、治療をしていくに従って、矯正治療は非常に奥が深いと理解するにいたり、かみ合わせを治すことが非常に難しいことだと理解してきたからです。

ですから、自分としては納得がいくまで治療をさせていただくようにしているのです。

治療を受ける前によく下調べすることをお勧めします。ものなら失敗しても経済的損失で済みますが、矯正治療は体に一生の問題を残します。

私が考える矯正治療とは?

私が考える矯正治療とは?1. かみ合わせを治す
皆さんは矯正治療をすれば、当然、かみ合わせは良くなっているだろうと思うでしょう。しかし、残念ながら必ずしもそうではありません。

矯正治療をして歯並びは一見良くなったように見えるのに、首が痛くなったり、肩が凝るようになったといった問題を抱えた方も少なくありません。これは、かみ合わせと全身の筋肉が大きくかかわっているからなのです。

2.かみ締めを弱める
かみ締めはかみ合わせが悪いと引き起こしやすくなります。かみ合わせの悪い人はより食い縛ったりする癖が多いのです。

これは矯正を行うことで正しいかみ合わせに治していくと自然に少なくなり、それに伴って肩コリや首の痛みがなくなっていくのです。現代人はストレスが多く、かみ締めが強すぎる方がたくさんいます。これを治すのも矯正の役目です。

3. 顔の輪郭が美しくなる
わざわざ美容整形に通って、骨を削ったり、たるんだ頬を引っ張ったりしなくても、歯科矯正でも、あごの筋肉が正常になる場合もあります。

私自身の経験でも、エラが張っている人、頬骨が出ている人が、顔の輪郭がほとんどの場合、良い方に変化してきます。

4. 歯のひび、歯周病の悪化を防ぐ
不自然なかみ合わせからくる強いかみ締めで、歯にヒビが入り、虫歯になりやすくなります。また、奥歯に過大な力がかかるため、歯周病を早める原因となる場合があります。

これらの症状も、かみ合わせを考えた矯正治療で、予防することができるのです。

●このように矯正治療はただ単に見た目を治すだけではなく、かみ合わせを治すことによって、さまざまな効果が期待できるといえるでしょう。

カテゴリー一覧

当院で治療をご希望の方、一度、ご相談ください


トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 快適な歯並びと噛み合わせで健康を » その方法、あなたがのぞんだ治療ですか?


コールバック予約

PAGE TOP