トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 根管治療(もっとも繊細で緻密な治療の難しさとは?) » 根管治療に用いられる機器

CTスキャン

CTスキャン

当医院では2014年1月よりCTスキャンを導入いたしました。CTスキャンによってより正確にお口の中全体を診断できたり、矯正治療における根の方向や、根管治療においてはレントゲンでは発見できなかった根の位置や向きをより正確に診断できるようになりました。下画像のように3Dで根の状態を確認できます。当医院では主に頸椎と顎の3次元的な位置の確認、埋伏智歯の位置、矯正治療での根の方向確認(160cmモード)根管治療の根の状態確認(詳細モード)にCT撮影活用しております。モードによってスライスの幅がちがいます。



下の写真は根管治療に用いる詳細モードです
1CTroot.png
下の写真は矯正や顎関節症の診断に用いる広範囲モードで、頸椎のゆがみの診断等に使っています。左の像では頸椎は正常に近いのですが、右の像では頸椎が全体的に歪んでいます。このような診断がCTのおかげで、できるようになりました。
CT736.jpgCT112.jpg 私がこのCTを選んだ理由 1、開業医が無理せず買うことができる価格である。
2、矯正用の頸椎が撮影できる広範囲のモードがある。
3、根管治療用の詳細モードのボクセルサイズ(スライスの幅)が最も小さい(65μm)
であるため、すべての診断でCT撮影使い尽くす当医院の治療に向いています。
当医院ではCT撮影を 埋伏智歯の位置確認
矯正の際の個々の歯の根の植立方向確認
頸椎の状態の確認、顎の変位の状態
歯周病の確認
根管の詳細を確認
に使っています。 他のメーカーのCTは詳細モードでもボクセルサイズが十分でない、あるいはボクセルサイズが十分でも頸椎まで写るモードがないなど、機種によって機能の偏りがあったためです。 詳細でも広範囲でも同じ装置で撮影できるRF社のCTがあったことは当医院にとっては救いでした。

ロータリファイル、垂直加圧根管充填器

当医院では根管治療の精度をより上げるため、下記のような機器を用いております。
DSC_0004a.JPGX-スマートplus
根管治療は今まで指先の感覚でファイルを用いて拡大することが基本でした。しかしX-スマートplusのようなロータリファイルの出現によって、治療が効率化し、なおかつ、確実にきれいな根管の拡大ができるようになりました。

ロータリーファイルはきれいに拡大できる一方で、一本一本が高価でありながら、折れる心配があるため、できるだけ1回から2回の使用で捨てる必要があります。
その為、コストがかかることが難点です。


DSC_0006a.JPGサーマプレッププラス
写真は当医院で使用しております。垂直加圧充填機のサーマプレッププラスです。
サーマフィル充填に使われます、サーマフィルは使い捨てです。


sf030.jpgX-スマートを用いることによって、規格化されて開けられた根管に形成されたのち、規格化されたサーマフィルを充填することによって、非常に緊密でなおかつ効率的な根管充填を行うことが可能なのです。

右の写真は各根管充填の拡大のサイズに合わせたサーマフィルの写真です。
中のプラスチックの心棒部分が規格のサイズと同じで、周りについているガッタパーチャが、細かい根の側枝に入ってゆく仕組みになっています。

歯科用顕微鏡 カールツァイス

歯科用顕微鏡(カールツァイス OPMI pico)

OPMI PICOsetubi06.jpg左の写真は当医院で使用している歯科用顕微鏡のOPMI PICOと、顕微鏡で撮影した虫歯を取り切った後の写真です。
私の場合、MANI、ライカいずれの顕微鏡も試しましたが、MANIは像の質がやや劣り、ライカは操作性や感染予防に難がありました。スムーズな制動感、きれいな像、臨床に対するこまやかな配慮から考えるとツアイスが顕微鏡では最高だと思います。

カールツァイスの顕微鏡は、思いどおりの位置でぶれることなく止まり、移動後の揺れがほとんどありません。また万が一治療中にハロゲンランプが切れても、ボタン一つで直ちに予備のハロゲンランプに通電交換できます。

IY3B0072a.jpg また、光重合する材料に対して、オレンジフィルター出血部位の治療にはグリーンフィルターを手元ですぐに差し換えることができます。明るさの調整つまみも双眼鏡の直ぐ上にあり、ドクターが自由に変えることができます。

また、感染予防対策として、各種のシリコンカバーが用意されており、非常にきめ細かい配慮がなされているのです。

当医院では2004年に購入し12年使用しましたが、今現在も全く問題なく使えております。

OPMI PICOは、電気部品がハロゲンランプだけなので故障はほとんどありません。
右の写真は当医院の顕微鏡です、特注のコネクターを作成してソニーのビデオをつないでいます。

カテゴリー一覧

当院で治療をご希望の方、一度、ご相談ください


トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 根管治療(もっとも繊細で緻密な治療の難しさとは?) » 根管治療に用いられる機器


コールバック予約

PAGE TOP