トップへ » ホームページの見方

ホームページの見方

ホームページの見方(3)(2009/10/5)
ホームページはあくまでも宣伝です。
本当の内容は分かりようもないし、実際行ってみないと何もわかりません。
自分の医院の中身はスタッフしか知る由がありません。
一方で、絶えず一生懸命患者さまのために努力している先生もいます。 しかし実際は、そんなことはスタッフ以外は分からないでしょう。
私も何人もの素晴らしい先生に出会いましたが、いずれも患者さまのためを思うと、頑張らざるを得なくなるらしいというのは分かりました。
ドクターといえどつらい苦しいことなど、進んでしたくはありません。

そういう先生こそネットで調べられると有難いのですが、そういう先生に限ってネットは苦手だったり、仕事が忙しくて、ネットをしている場合ではないことのほうが多いと思います。
私もそういった意味ではネットを活用していますから、真実の姿は・・・。? といったところです。
しかしドクターも人間ですから、可能なことと不可能なことがあります。 現時点での医療の限界と、自分の実力の限界と両方の限界があります。

で不可能なことはできません。努力はしますが、医療とはまだまだ分からないことがたくさんあるということです。
しかしなかなか自分の限界をホームページなどでさらけ出すことができないのがまた問題なのでしょう。
先生によって得意不得意があるので、それを出せればよいのですが、日本のように専門医の仕組みが必ずしも確立していないので、それもまだ難しいでしょう。
要はホームページを見る人の勘によるところがまだ大きいのでしょう。

トップへ » ホームページの見方


コールバック予約

PAGE TOP