トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 親不知の「抜歯」について » なぜ親知らずは抜かなければならないのでしょうか?

なぜ親知らずは抜かなければならないのでしょうか?

親知らずを抜かなければならない理由は?
10代後半になっても生えない親知らずは、もう生えるスペースがないために生えない親知らずである可能性があります。では、なぜ親知らずを抜かねばならないのでしょうか?

1,骨の中に埋まったままであると、将来膿胞化する可能性がある。

埋まっている親知らずの歯冠(頭の部分)はエナメル質と呼ばれ、骨とつくことはありません。従ってその部分に膿がたまり、膿胞になることがしばしばあるのです。
年を取ってから見つかった場合、手術で摘出しようとしても、歳をとればとるほど骨が固くなったり、治療によるダメージが大きくなるため、手術が難しくなります。できれば大学生ぐらいまでに抜歯しておく方が良いでしょう。

2,親知らずが中途半端に生えていると、第二大臼歯の後ろの部分が、親知らずと接しているため、歯が磨きにくく深い虫歯になリやすい。ここが虫歯になってしまうと、治療が非常に困難である。

親知らずと、第二大臼歯の間には食べ物のカスが入り込みやすく、虫歯が深くなっていることを頻繁に見かけます。

ひどくなってしまうと、抜髄、あるいは抜歯になってしまう可能性が非常に高くなりますので、できるだけ早めに抜歯をしておくことが大事です。(25歳ぐらいまでには抜歯をしておく必要があるでしょう)

3,親知らずが後ろから歯列を押すことによって、前歯の歯並びや、かみ合わせがくるってしまうことがある。

親知らずは、下の歯の場合、後ろから斜め前に向かって生えていることがほとんどで、そのため、歯列を前に押し出すため、かみ合わせが変わったり、前歯の歯並びがくるったりする原因となります。

矯正後はできるだけ速やかに抜いたほうが良いです。(成人の矯正治療では、ほとんどのケースで矯正治療前に抜歯を行います。高校生、中学生で矯正治療を開始する場合は、幼弱な親知らずの場合、却って抜歯が難しかったり、抜歯によるダメージが患者さんにとって強すぎることがあるので、矯正終了まで待ってから抜歯を行う場合が多くあります。この場合も適切なタイミングが来たらできるだけ速やかに抜歯を行う必要があります。)

親知らずがどうして大人になってまで残っているのでしょうか?

私の経験では、特に日本では大人になっても親知らずが残ったままになっている患者さんが非常に多い気がします。

これは、一般開業医で難しい親知らずを抜歯することにあまり積極的でないことがあげられます。

また、難しい抜歯は大学病院へ紹介するケースが多く、大学病院まで積極的に抜歯を受けに行くことを躊躇する患者さんが少なくないことが挙げられます。

歯科治療の重要性に対する意識の高くなかったり、怖くて治療を受けられない患者さんも多くいらっしゃるため、抜歯を薦められても積極的には治療を受けないなどのケースも多く見受けられます。

しかし、親知らずの抜歯は年をとればとるほど、難しくなります。それは年と共に骨が硬くなってしまうからです。また歳とともに、抜歯に対する体の抵抗力が落ちるため、治療後の治りも悪くなります。そして仕事を休まなければならないなどの条件が必要なケースが多く、治療を躊躇しているケースもあります。

また親知らずはいろいろな生え方をしており、場合によっては非常に難しい場合があり、口腔外科でも簡単に抜けるというわけではありません。可能であればCT撮影をして歯の位置をきちんと確認してから早めに抜くことが望ましいと考えられます。

カテゴリー一覧

当院で治療をご希望の方、一度、ご相談ください


トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 親不知の「抜歯」について » なぜ親知らずは抜かなければならないのでしょうか?


コールバック予約

PAGE TOP