トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 顎関節症治療(顎だけでない不調も治したい) » どうして顎関節症になるの?

顎関節症の原因ってなんですか?

顎関節症は実はわかっているようで非常にわかりにくい病気なのです。

なぜなら顎関節症は顎の不具合から、全身にわたる不定愁訴まで、さまざまな症状があるため、すべてが噛みあわせに原因があるとは言い切れないからです。

治療にあたっては、原因を分けて考える必要があるのです。

1、噛みあわせが原因と考えられるもの。
a.歯の治療を受けてから顎の調子が悪くなったり不定愁訴の症状が出た場合。

矯正治療やブリッジ、入れ歯などの噛みあわせを変えてしまうような治療を受けることで発症することがあります。

b.歯並びが深かったり、顎が左右どちらかに歪んでいたりしている人が、成長とともに顎の調子が悪くなってきたり、アレルギーや疲れやすいなどの症状が出た場合。

噛み合せが成長とともに悪化して、不定愁訴のような症状もだんだん悪化してきます。このような場合は治療のタイミングをはかりながら、早めに専門家にかみ合わせの治療をしてもらいましょう。

2、生まれつきのもの。
ほとんどの人があまり理解していないとおもいますが、顎のズレはすでに赤ちゃんから始まっていることがあります。お母さんのお腹の中でお母さんと一緒にさまざまなストレスを受けてるため、敏感なあかちゃんにはおなかの中ですでに顎が曲がり始めていることも・・。

赤ちゃんも大人と同じで性格もまちまちです。

敏感な赤ちゃんは、お母さんが強いストレスを受けるとおなかの中で同じストレスを感じ、成長発育に問題が起こることがあり、生まれつき骨格がゆがんでいたり、体中の筋肉が固い傾向がある場合があります。

そのような赤ちゃんは生まれつき筋肉や靭帯、骨格に問題を持って生まれてきますから、さまざまな過敏症や、不具合を持っています。

先天的な疾患といわれるようなクローン病や、発達障害、自閉症などは、このような生まれつき筋肉や骨格が異常になっていることが実は多いのです。

このような場合は、できるだけ早い時期に骨格のゆがみを治療すると、症状が軽くなったり場合によっては症状が消えることもあります。当医院では歯の治療と合わせてオステオパシー(アメリカの国家資格、日本では国家資格ではない)を紹介しています。

またこのような敏感な子は顎や歯に異常が起きる確率も高く、早い時期から噛みあわせの治療することも重要です。当院では、多動症や自閉症の症状が改善した例も少なくありません。

3、性格や後天的環境が原因である場合。
顎関節症の患者さんは非常に繊細な人が多いです。芸術家やクリエーターなど感性が高い人や緻密で繊細な仕事をする人は顎関節症になりやすいです。

また、敏感な人が医療やヒーリングなど、調子の悪い人を診なければならない職業や、SEなど細かい仕事でありながら過酷な労働を強いられる職種についている人も顎関節症を発症しやすくなります。

仕事による癖や、偏った筋肉の使い方によって長年の間に全身の筋肉にアンバランスが生じます。

これが顎にも影響を与え、位置が狂ったり、歯が移動したりすることで噛み合せが狂ってしまうことがあるのです。

このような場合、歯や噛みあわせ治療は重要ですが、体全体の調整も是非必要となります。

いずれにしても、顎の位置だけを治せばよいといった単純な治療ではないのが顎関節症なです。

矯正治療で顎関節症(や体調不良)になることがある?

矯正治療を受けることで顎関節症(体調不良など)になる場合があります。

わたくしどもが診てきたケースで重篤度の高い順に以下のようになります。

1、受け口の治を後ろに下げる治療後に体調が悪くなってしまった。
受け口(専門用語ではⅢ級)の治療を行われたる際、顎を後ろに下げる治療を受けた患者さんは、かなり高い確率で顎関節症(原因不明の体調不良)に悩まされています。

受け口の治療では、顎を後ろに引く治療や、奥歯を低く下げる治療を行われることが多いので顎関節症(またはそれに伴った原因不明の体調不良)を発症しやすいのです。

2、出っ歯を治すため歯を抜いて矯正治療をはじめるとともに体調が悪くなった。
出っ歯(専門用語でⅡ級)やガタガタな歯並び(専門用語で叢生)を矯正治療をする際、小臼歯を抜いて矯正治療を行うことが多いのですが、患者さんによっては顎関節症(原因不明の体調不良)が起こることがあります。

3、前歯だけの矯正で出っ歯やスキッ歯を治してからに体調が悪くなった。
最近流行っているマウスピース矯正や部分矯正など、一部の歯だけを移動させて矯正する場合、前歯の当たりが急に変わり顎関節症(原因不明の体調不良)を引き起こすことがあります。

4、お子様の矯正で床矯正(入れ歯のように口に出し入れする装置)を使ったこと悪くなったケース
矯正を二段階で行う場合、床矯正を入れられてから顎の位置が変わってしまって調子が悪くなる方が結構いらっしゃいます。
特に受け口の場合、かみ合わせを治療するために顎を後ろに送るタイプの床矯正装置で体調が悪くなってしまうケースは非常に多いです。


いずれの顎関節症(原因不明の体調不良を含む)も症状に決まったパターンが無く、不眠、集中力減退、記憶力減退、膝、腰の痛み、頭痛、生理痛、疲労感、高血圧、胃腸障害、自律神経失調症、甲状腺機能亢進症、リューマチ様症状などありとあらゆる症状が現れます。

またこのような症状を訴える患者さんが医科を訪れても原因も治療法もわからないことから不定愁訴と呼ばれています。

かぶせ物(詰め物)の治療で顎関節症(体調不良)になることがある?

かぶせ物の治療で顎関節症(体調不良)になったのは以下の様な方々でした。

1、一番奥の歯を金属から白い詰め物に変えてから体調が悪くなった
一番奥の歯は、実は噛み合わせの高さを決めている、とても大切な歯です。
この歯を金属からレジン(樹脂)に変えてしまうと、噛みあわせが大幅に低くなってしまうこともあるのです。

噛みあわせが低くなってしまうと、顎が奥に入って嚙み締めがひどくなることがあります。嚙み締めがひどくなるとさらに奥歯が磨り減り、どんどん噛みあわせが低くなってしまう悪循環が起こります。

この悪循環が引き起こされると、顎関節症(体調不良)が発症して、不定愁訴を訴えるようになる方がいらっしゃいます。

2、奥歯のブリッジを入れてから、噛みあわせと体の調子が悪くなった
奥歯のブリッジは実は噛みあわせを作るのが非常に難しいのです。
ブリッジの型を正確に取った後、正確な噛みあわせの記録と、正確な高さの仮歯を入れる必要があります。

ブリッジの型を正確に取るにはシリコンという精度の高い材料で個人トレー(患者さんの歯列に合わせてオーダーメードで作った型を取るためのトレー)を使って型を取る必要があります。

またブリッジを作成する相手側の歯列も正確に型取りしなければなりません。ブリッジのような精密なかぶせ物を作る場合は個々の型の精度だけでなく、技工士さんの技術もとても大切な要素なのです。

ブリッジの型を取った後で正確な仮歯が入っていないとブリッジを入れるとき噛みあわせの調整(ブリッジの噛みあわせの面を削ること)が必要になることがあります。

大きく調整されたブリッジを入れた場合、噛みあわせに違和感が出たり、場合によっては顎関節症体調不良を含む)を起こすことがあります。

多くの先生も理解していないことが多いのですが、低い仮歯を入れられると、次のアポイントまでに患者さんの顎の位置はその低い高さに適応してしまい、たとえ正確な高さのブリッジを入れられていたとしても違和感を感じます。

違和感に対してブリッジを削って調整をしてしまうと、かみ合わせは完全に狂ってしまうのです。

3、出っ張っていた上の前歯をかぶせ物で治療をしてから噛みあわせと体の調子が悪くなった
上の前歯が出っ歯ているときはそれほど強く当たっていなかったのに、治療をした後で下の歯が強く当たるようになることがあります。
下の前歯が上の前歯に強く当たると、下顎全体を強く後ろに引いてしまうようになります。

顎を後ろに引くと、顎関節症(体調不良を含む)を発症する可能性が高くなります。

このようなかぶせ物や詰め物の治療で顎関節症から不定愁訴と呼ばれる症状を起こすことがあるのです。

顎関節症の原因はいろいろ

顎関節症と聞くと、ほとんどの方は、噛み合わせが悪いことが原因とお感じになるでしょう。

確かにそれは正しいのですが、もっとも大切なことは、なぜ噛み合わせが悪くなってしまったのかを考える必要があります。


顎関節症の原因を大きく分けると下のようになります。

1、虫歯や、かぶせもの、入れ歯などの歯の治療で、噛み合わせを狂わされたことが原因で発症
2、矯正治療を行ったことが原因で発症
3、子供のころからの習癖や大人になってからの習慣やなどが原因で噛み合わせが乱れ発症
4、生まれつき敏感で、筋肉や骨格が歪みやすく、特に顎に影響が出てしまって発症。

などの原因が考えられます。
1番目の原因では、保険制度も含めた日本の歯科医療の現状に大きな原因があるといえます。

たとえば、根の治療をする際、日本の歯科医は保険診療では、ラバーダムも使わずかぶせものを外して、かみ合わせがないままの状態で何週間もかけて治療を行う場合がほとんどですが、たとえば、一番奥の歯のかぶせものを外して、何週間も経ってしまうと、顎の奥に筋肉がついている関係で、かみ合わせは必ず狂ってしまいます。それがかみ合わせを変化させるもっとも大きな原因で、これによって噛み合わせの崩壊が始まります。

アメリカでは、ある一定レベルの患者さん(日本でいえば、いわゆる社会保険などの福利厚生がしっかりしている会社の健康保険に加入している一定の収入がある人のことを言う)では根の治療は通常専門医が行います。アメリカの根管治療専門医はほぼ100%ラバーダムと顕微鏡を用いた治療を行うのです。

またかぶせ物を全て外してしまうような治療は絶対にしません。わずかなかぶせものの変化でかみ合わせが大幅にくるってしまうことを熟知しているからです。

また虫歯の治療も昨今の審美治療ブームで、臼歯部に樹脂をつめられることも少なくありません。しかし、樹脂は磨耗のスピードが速いため、噛み合せの部分につめると、どんどんかみ合わせが変化してきます。これも顎関節症になる原因です。

また入れ歯も金属の無い、目立たない入れ歯が流行っていますが、これも入れ歯のかみ合わせがどんどん沈み、かみ合わせを変化させてしまう危険な治療です。

つまり、日本では歯の治療そのものが顎関節症の原因となっている可能性は非常に高いのです。

残念ながら、現在の日本の保険制度では、顕微鏡を用いたり、かぶせものを外さないで根の治療を行うだけのコストと時間をかけられないのが現状です。

2番目の原因ですが、日本では今自由診療を積極的に取り入れるため、インビザラインやクリアライナーのようなきちんとしたかみ合わせを確立できるかいまひとつ確証のない治療が歯科医院で多く行われるようになりました。

患者さんも費用が安くて、お手軽に歯並びが治せる治療として、多く受け入れられましたが、実際はこの治療によって顎関節症になり、本格的な矯正をしなければリカバリーが不能になってしまう人も多くいらっしゃります。

また、抜歯をする矯正も、実は顎関節症の原因となったりします。これは抜歯によって口の中が狭くなり、それによって舌や顎の後ろの筋肉が緊張したり、顎の位置自体が後ろに行ってしまうことによって発症すると考えられます。

そしてもっとも重要なのものが3番目の習癖等が原因の顎関節症です。

これを解決することが最も難しい課題でした。
これは矯正で歯を動かしてゆく際、激しくかみしめたり、かみ合わせの位置をもとの位置にも戻そうとしたりするので、歯の動くスピードが遅くなったり、かみ合わせの後戻り、治療時のブラケットや材料が取れるなどの治療の障害と大きくかかわるために、非常に重大な問題です。

つまり、矯正治療を早く、しかも確実に、そして、顎関節症などを発症しないように行うためには、患者さん自身の生活習慣、生活環境そして精神面の安定がなければ難しいといえるのです。

すなわち、無理な生活習慣や、非常に悪い職場環境、極端に精神的に抑圧された幼少自体の経験(これは子供のころからあったとしても、長く大人になってまで刻みつづけられることがある)などの心に残った問題を本人が認識し、取り除かなければ、かみ合わせの治療をきちんと完成させることは難しいともいえるのです。

そのままの状態で行きますので、結局大人になっても奥に引いた噛み合わせになるのです。

ですから現代人は非常に顎関節症にかかる確率は高くなっているのです。

このことから、当医院では初診の方にシステムとして、健康管理をして頂くことを条件に入れております。なぜなら、健康管理をしていただかないと歯の治療が完結しないことに気付いたからです。

顎関節症が悪くなる原因

顎関節症になる原因は以下のものが頻度順にあります。

1. 成長期に何らかの理由で、顎が後ろ、あるいは左右で生体にとって好ましくない位置でかみ合わせが出来てしまった場合
2. 高いかぶせ物や、低いかぶせ物などを入れられたことによって、かみ合わせが変わってしまったことが原因で起きる場合(インレーの様な小さい詰めものでも起こる)
3. 誤った矯正装置や、矯正によるかみ合わせの与え方によって医原生に引き起こされた場合

なぜこれらが顎関節症の原因となるのか?

1.人間の顎は非常に特殊な構造となっており、上顎に対して非常に自由に下顎は位置できるようになっています。下顎が自由に動くということは単に重心が変わるのみならず、筋肉のバランスが変わってしまうので、さまざまな不定愁訴を伴う顎関節症が発症するのです。家族性に同じような顎関節症が起こるのも、骨格の構造や、癖、筋肉のバランス、顎の使い方などが似てくるからです。

2.高い被せ物や、低い被せものを仮に入れられても、ほとんどの人はずっと高いとか低いとは感じることはありません。1日から1週間程度で高さに慣れ、何も感じなくなります。 しかし、これは慣れたのではなく、顎の筋肉にある筋紡錘というセンサーが働き脳に"高いぞ"という感覚を伝え、それを受けて脳がかみ合わせの位置を調整するよう筋肉に命令を出しているのです。咀嚼筋(かむ際に使用する4つの筋肉・・咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋)の中で、かみ合わせの位置を調整するために特定の筋束が収縮してしまうので、筋肉の中で不適切な緊張が起きる部分ができてしまいます。
このように緊張した筋肉は常に過剰なストレス状態を強いられることになります。これが日常生活の無意識の噛みしめを生んでしまいます。噛みしめや緊張を繰り返すうちに、かみ合わせを調整するために緊張していた筋肉の一部だけでなく、咀嚼筋すべてが緊張するようになってしまいます。
これが続くと、筋肉は常に疲労した状態となり、少し硬いものを食べたり、しゃべり続けたり、歌ったりするだけで、顎の筋肉がこむら返しを起こしたような状態になるのです。
"朝起きてみると、口が開かない"というのは患者さまからよく聞く話です。これは、夜の間中噛みしめをしているので、寝ている間ずっと、口の筋肉を緊張状態にしているからです。このような人はどんなに寝ても朝疲れが取れていませんから、日常生活の効率は著しく悪くなるのです。

gaku09.jpg

この患者さまは、上の奥歯がわずか数十ミクロン低かっただけで、ひどい顎関節症になってしまった患者さまです。
このようなことが起こる原因は、主にいっぺんに両側の奥歯の治療を行ったり、ブリッジを作成する際に適切な高さの仮歯を入れなかったりすることによって発症します。
口の中を見ても、また通常の(100ミクロン程度の厚み)の咬合紙を使っても低いかどうかはわかりにくいものです。正確に高さを調べるには通常のものよりも薄い8ミクロン程度の厚みの咬合紙が必要となります。
実際は薄い咬合紙を使ってみても、しっかり噛んでいることが多く、なぜ患者さまの症状が悪くなったのかわからないことがしばしばです。これは低い仮歯や両方削って治療したことによって、かみ合わせの奥歯の高さが低くなり、あごの筋肉がそれに適応してしまい、顎自体が回転してしまったからにほかなりません。
このような場合かみ合わせの高さをあげなければなりませんが、低くなった一番奥の歯の身を高くしなければ治りません。(通常の咬合挙上とはまったく違います)これがつぼです。これを理解しないで顎関節症を治療しようとするから治らないのです。


3.歯並びが悪かったり、かみ合わせが悪かったりする場合は2と同じ理由で、顎関節症になる場合があります。ただしこの場合は人工的にかみ合わせを狂わされたのとは少し様相が変わり、次の三つの場合が顎関節症の原因となります。一つ目は、ただ単純にかみ合わせの位置がずれている場合(上の歯と下の歯で噛み合う位置と顎の関節がしっかりおさまる位置がずれている場合)で、このケースが最も多くの顎関節症の患者さまで見られます。かみ合わせがずれているので、顎の位置を自分で調整して、咬めるようにしているのです。
一つ目の例
gaku10.jpg gaku11.jpg これだけかみ合わせがヅレていると、顎の筋肉のみならず、首、肩、そして背骨全体にまで影響が及び、当然体調も悪くなります。(顎にとって正しいかみ合わせでは矢印部分しか噛み合わない)
普段のかみ合わせの位置 顎の関節が正しく収まった
位置のかみ合わせの位置

二つ目は、咀嚼するために顎を動かすときの歯の当たりかたが悪い場合です。食事をする際、顎はまっすぐ下にあけられているのではなく歯を横にずらしつつ咀嚼しています。正しいかみ合わせの人では、横に動かすときに犬歯だけがあたるようになっています。しかし犬歯以外の歯や、咀嚼していない側の歯が咀嚼中に当たると、顎二腹筋(顎の下あたりにある筋肉)などに緊張を引き起こすことが知られています。このようなかみ合わせが原因で顎関節症になる患者さまの代表に叢生(歯並びがガタガタ)があります。
gaku12.jpg 歯並びに叢生があると、正常な咀嚼運動ができませんから、食事も実は十分に咬めていないことになります。(矢印部分でかみ合わせが引っかかっている)

三つ目は、犬歯が当たる角度(横に顎を動かすときの歯のあたる角度)がきつすぎて顎の筋肉に過剰な緊張が現れてしまう場合です。過蓋咬合(下の歯が見えなくなるぐらい上の歯がかぶってくる状態)の患者さまがこのような問題を持っていることが多いです。「口が開きにくい」、「開けようとすると顎の関節が引っかかる」、「首や肩が異常なほど凝る」などを訴えることがあります。
gaku13.jpg 過蓋咬合の例です。歯並びが一見余り問題がないように見えますが、激しい顎関節症の症状に悩まされていた患者さまです。(矢印部分の犬歯の角度に注目)

顎関節症は自分の体の状態に対して敏感な人がかかりやすい傾向にあります。しかし、不調を感じないからといっても、かみ合わせに問題があれば、正常というわけではありません。自分の状態を認識していないだけであって、決して健康な状態というわけではありません。肩こりを知らなかった人に肩をマッサージしてやると自分にも肩こりがあると気づくようになります。体の不調に対して無頓着であるために、わからないのですから、決して良いことではありません。(当院で治療をすると自分も顎関節症であったことに気づく人がたくさんいらっしゃいます。)体調不良をすぐ訴えている人が意外に長生きで、いつも元気にしていた人が急に「コロッ」と死んでしまうことは自分たちの周りでもよくあることです。常に自分の体の声を聞くことができる人が長生きできるのです。

顎関節症の原因は、かみ合わせでは上記のようにさまざまですが、もっとも症状をひどくしてしまう原因は実は現代人のストレスにあるのです。
人間は社会的動物である以上、さまざまなストレスにさらされています。そのストレスを発散するひとつの方法として、歯軋りがあるといわれています(実際研究でも証明されています)。したがって現代人のように高いストレスに常にさらされている場合、歯軋りはいっそうひどくなり、歯にひびが入ったり、それが元で虫歯になりやすくなったり、かみ合わせの力で歯周炎になりやすくなったりと、さまざまな問題が生じているのです。
かみ合わせが悪いという条件はさらにひどい噛みしめを促し、また歯軋りの力は、普段自分でおもいきりかみ締めるときに出る力よりもはるかに大きいことが知られています。
虫歯は克服されても、文明病としての顎関節症と、顎関節症がもたらす虫歯などは正しいかみ合わせの治療と正しく作られたナイトガードが普及するまでは減ることはないでしょう。

顎関節症って知っていますか?

矯正後、なんだか調子が悪い

「食べ物をかんだり、長い間しゃべると、アゴがだるく疲れる」
「アゴを動かすと痛みがあり、口を開くと痛みがある」
「人差し指、中指、薬指の3本の指を縦にそろえて、口に入れることができない」

あなたには、こんな症状はありませんか?

ひとつでも当てはまった方は、ひょっとすると顎関節症(がくかんせつしょう)かもしれません。

顎関節症の原因は、

● 生まれつきの歯並びの悪さ
● 合っていないかぶせものを入れられたこと
● かみ合わせを考慮しなかった矯正治療によるかみ合わせの問題

などから起こります。

かみ合わせは、実はとってもデリケート。上の奥歯がわずか数十ミクロン低かっただけで、ひどい顎関節症に悩まされる患者さまもいます。

アゴの痛みに悩まされている方、ぜひご相談ください。当院では、今まで積み重ねてきた正しい治療法で、顎関節症の治療も行っています。

カテゴリー一覧

当院で治療をご希望の方、一度、ご相談ください


トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 顎関節症治療(顎だけでない不調も治したい) » どうして顎関節症になるの?


コールバック予約

PAGE TOP