トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 快適な歯並びと噛み合わせで健康を » 見た目でわからない噛み合せとは?

噛みあわせが不調の原因?

「出っ歯」、「受け口」だけが悪い噛み合わせではありません。

歯がガタガタ、歯が重なっているが歯並びが悪いこと、出っ歯、受け口が噛み合わせが悪いこと、ほとんどの方がそう思っていらっしゃるでしょう。

しかし、本当の噛み合わせはもっと複雑で、見た目だけでは判断できないものなのです。

矯正治療を受け、歯並びもよくなり、出っ歯でも受け口でもなくなったのに、「顎の不具合や体調不良(顎関節症)」を訴えることが少なくないのは、実は見ためからはわからない噛み合わせの悪さがのこっているからなのです。

歯並びも良くて、出っ歯でも、受け口でもないのに噛み合わせが悪いとは一体どういうこと?と疑問に思うかもしれません。

実は上顎は頭の骨と一体化しているので、噛み合わせで位置が狂うのはほとんど下顎です。
奥歯の高さが狂うと、見た目は良くても下顎が後ろに下がったり、角度が急傾斜になったりします。
下のレントゲンを参照riverse.jpg

左のように顎の角度が急な人は顎が奥に入りやすく、頚椎の形態まで変化してしまいます。つまり奥歯が低い噛み合わせといえます。

片方の奥歯だけ低くなると、顎が左右的に曲がります。こうなるとさまざまな体調不良が出るのです。(詳しくはこちら
kamiawase.JPG

左は奥歯も前歯も低い噛み合わせ、右は左右で高さが違う噛み合わせです。

もちろんあまり噛み合せが悪いと、顎が歪んで見えたり、顔が左右で非対称になったり、えらが張って来たりします。

カテゴリー一覧

当院で治療をご希望の方、一度、ご相談ください


トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 快適な歯並びと噛み合わせで健康を » 見た目でわからない噛み合せとは?


コールバック予約

PAGE TOP