トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 根管治療(もっとも繊細で緻密な治療の難しさとは?) » 歯の根の治療

マイクロスコープを使った歯の根の治療

なぜ歯の根の治療がしっくりこないのか?

根の治療をしたのに、「ジクジク痛む」、「噛むと痛む」、「違和感がある」、など治療後にその歯の不調を訴える方が少なくありません。これは実は根の治療が非常に繊細で難しい治療であることが理由にほかなりません。

根の治療は病気を放置すると骨が解け、細菌が体中にまわってしまう非常に怖い病気なのです。
ですから、きちんと治療を行わなければならないのですが、特に日本では保険診療では十分な処置ができていないのが現状です。

通常アメリカなどのデータでは、神経を抜く治療(抜髄)の際、顕微鏡を用いて、ラバーダムをかけて治療を行うと、98%程度の良好な経過をたどります。しかし、日本では多くは経過不良で再治療となっています。また適切な神経の除去や、感染対策(ラバーダムなど)を行っていないために、再治療を行うときには根の穴の周囲に感染が広がり、再治療が非常に難しくなっており、治療後の経過が悪いのです。

また、顕微鏡を使って根の治療をすること自体が非常に高度なテクニックを必要とするので、多くの先生は治療技術をマスターする前に諦めてしまうのです。(実際は自由診療で行わなければ採算も合わないため、行おうとする意欲までなくなってしまっている先生がほとんどだと思います)

また日本の患者さんはまだまだ歯に対する意識が十分でなく、根の治療に多額の費用がかかることを理解している人が少ない上、歯の神経がなくなっていることがどういうことなのかさえ理解しておらず、物を噛んではいけないにも関わらず、物をかみ、歯が割れ、結局抜歯になる例も少なくありません。

また当医院のISO9001の規格(ヒヤリ、ハット事例6)で触れたように、日本の薬事法が現実にそぐわない極端な改変をしたために、海外の良い歯科材料の入手が非常に困難になり、痛みの出やすい材料や、劣悪な材料を使わざるを得ない環境になっているのも原因の一つではないかと思われます。


顕微鏡(マイクロスコープ)を用いて根の治療を行うと、治療の確実性が格段に上がります。

マイクロスコープを使った歯の根の治療根管内の観察例
右の写真は顕微鏡を用いて根管治療を行った時に撮影した写真です。根の中に出血があるのが見られます。このような根の先端付近の状態は顕微鏡でしか見ることができません。
また写真のように、根の治療を行う場合は、かみ合わせを狂わせないため、かぶせものを外さないで行う必要があります。

当医院では2014年1月21日よりCTスキャンを導入いたしました。
ct2A.png根管治療のみならず、虫歯治療、矯正治療すべてにおいてCTスキャンを用いた撮影を行います。
当医院ではCT撮影以外の撮影は情報量が少ないため行っておりません。一部位8400円となっております。(根の治療を同時に行う場合は治療費に含まれます)

CTは根管治療をより確実なものにしてくれます。

根の治療だけをする専門医とは異なります。

当医院では他院で治らなかた根管治療だけを行うことはしていません。というのは根管治療がどんなにうまくいっても、土台の治療、被せものの治療までが、正しく行われていなければ、コロナリーリーケージと言って、根が再び感染してしまう事象が起こってしまいます。

ですから、たとえば治らない根の治療を保険外で行って、土台や被せものを保険で行うなどの中途半端な治療は、場合によってはうまくいっていた根の治療まで台無しになってしまうこともあります。そのため被せものまで治療を行わせていただいているのです。

また、神経を取らねばならないほど深刻な虫歯になるのも、その歯に過剰な噛み合わせの力がかかっているからです。つまり噛み合わせも同時に治療を行わないと、せっかく根の治療がうまく行ったとしても、再発するリスクがなくなりません。

そういった意味でも歯科治療は単に痛む場所や調子の悪い場所だけを治療すればすむといった考え方では本当の意味で治らないのです。

同じCTでもこれだけ違う

CT撮影をすれば、根の治療が治りやすいのはもちろんです。
しかし、残念ながらそのCTも機種によって解像度が全く異なります。

中には被爆量が少ないことをうたい文句にしている機種があるのですが、被爆量が少ないということは、実はそれだけ情報が少なくなるということなのです。情報を得るために必要な被爆量を減らしてしまえば、撮影自体の意味がなくなってしまいます。

下の写真は、外注で撮影したCTと当医院で使用している同じ場所のCT写真ですが、解像度が全く違ういます。

根管治療で、詳細な根の状態を確認するために、外注撮影したCT写真ですが、根管がはっきり映っていなかったので当医院で撮影しなおしたものです。
根治.jpg

実は低被爆を歌いながら治療に意味のない撮影になってしまっていることも少なくないので、気をつけなければなりません。

顕微鏡を使って、治りが悪い根の治療をする場合、根管の位置を探る必要があります。その際正確な3次元的根管の位置や形態がわかることは非常に重要なことなのです。

CT撮影もモードがあり、全体を撮影するモードと詳細を撮影するモードがあります。

歯のCT撮影の場合、医科のCTと比べスライス幅を非常に細かくするる必要があります。当医院のCTでは詳細モードでは65μmで撮影するため、詳細な3次元の根の構造を撮影することが可能です。

顕微鏡を使った根の治療

根管内の異物除去

次は顕微鏡を用いた、根管内異物の除去の例です。

根幹内異物 根幹内異物 根幹内異物

左の写真は、根の治療の際にファイルという金属製の根の治療器具が折れているのが写っているレントゲンです。
特に痛みがなければ除去するのは危険ですし、問題を起こさない場合もあります。しかしこの患者さまの場合痛みが出てきましたので顕微鏡下ではずすことにしました。なんとかうまく外すことは出来ましたが、少し根の穴の太さが大きくなってしまいました。(右写真矢印)折れていた器具の長さは実施8ミリ近くありました。
このように顕微鏡下で根管内の異物を取り除くことはできるのですが、一歩間違うとさらにことを悪化しかねないリスクもあります。根に痛みがあったり、病巣ができてしまっている場合は積極的に取り除いてゆきますが、特に問題がない場合は、ある程度トライし、どうしても難しい場合は無理に取らないようにしています。
いずれにしても顕微鏡なしではこのような治療は困難です。

根の治療についてもっと知りたい方はこのページへ⇒根の治療(なぜ治らない)

根の治療は治りにくいと多くの患者さまが困るのが現状です。しかし、実は根の治療は実は非常に単純な次の3つの作業を行っているに過ぎません。
1、根の中にある異物を除去する。(感染の原因を取り除くため)
2、根の中の細菌を殺し、根の中を無菌の状態にする。
3、開けた根の穴に隙間なく材料をつめてゆく。 
といった3つの作業です。しかしながら1、を実際に確実に行うには、顕微鏡の力を借りなければ不可能です。また2、を確実に行うためにはラバーダム防湿と、隔壁(歯が大部分なくなっってしまった場合に作る壁)が確実に行わなければ無理です。
また3、も現在ではロータリーファイルと言って、超弾性(形状記憶合金)でできた歯を削る器具を用いて行うを確実に根の穴の形を材料を詰めやすい形にできるのです。

超弾性ロータリーファイルなどは、いずれも非常に高価でしかもロータリーファイルは、折れることもあるので、絶えず交換していかねばならず、非常にコストがかかるのです。
また、顕微鏡で治療を行う際は、非常に細かい作業で、治療は目も体も疲れますから、一日に何人も治療できません。よりよい根の治療を求めるのであれば、保険診療では難しいと言えるでしょう。
私個人の意見ですが、顕微鏡も使わない根管治療は、うまくいくかどうかわからない(根の中を確認できないので)極めて確実性の低い治療ではないかと思います。

カテゴリー一覧

当院で治療をご希望の方、一度、ご相談ください


トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 根管治療(もっとも繊細で緻密な治療の難しさとは?) » 歯の根の治療


コールバック予約

PAGE TOP