トップへ » 当院の3つの特徴 » 質の高い治療を受けたくありませんか? » 歯科、世界のスタンダードのと日本スタンダード?

必要な材料、器具が手に入らなくなってしまった日本のガラパゴス歯科事情

日本歯科医院で、治療をする際、最も困っているのは、きちんとした歯の治療に必要な材料と器具(特に修復用のもの)が個人輸入以外で手に入らなくなっていることです。

歯が適切に治るためには、どうしてもこれでなければならない材料というのがありますし、細かい作業が歯科では、道具にも「この道具で無いと上手くいかない」といった治療がいくつもあります。

しかし、日本の「歯科の保険制度の崩壊状態」によって、患者さんにとって有用な是非必要な材料がどんどんなくなっています。これは、審美治療や以外の自由診療による修復治療が圧倒的に減っていることを意味します。

つまり、審美目的以外の目的で、保険にとらわれないしっかりとした修復治療をする先生がほとんどいなくなってきていることを意味します。

「修復治療ではアメリカでは最も大切な治療」と位置づけられています。なぜなら、歯の治療は詰め物程度の虫歯を治すことから始まるからです。虫歯がこの時点できちんと治療されていれば、抜歯にいたるリスクは著しく減ると考えられるからです。

つまり日本では、歯を失わないために最も重要な初期治療における自由診療(料金にとらわれない診療)のほとんど審美治療であるという恐ろしい状況なのです。

残念ながら、金属より耐久性のある樹脂は存在しませんし、セラミックも金属ほどの安定性と機能性はありません。そう考えると、日本の歯科はまさしく異常と言えます。まさしく「日本の歯科のガラパゴス化!」といえますが、ケータイやスマホならともかく医療がガラパゴス化することは笑い事では済まされません。

厚生省の薬事法は年々改正され「薬事承認」を取る際の費用が高騰して、日本の歯科の市場でマイノリティーである自由診療に使われる修復材料(アマルガムやゴールド)、や修復に使われる治療器具の需要が圧倒的に減り、採算が取れなくなったメーカーは薬事承認を取る海外製の材料、器具を絞ってきました。このような材料や器具が売れない日本の歯科の市場ではまともな治療が行いにくくなり、本来必要な治療ができにくくなるというループにはいっているといえます。

当医院のような自由診療専門の医院では、修復治療において耐久性を考えると、どうしてもこの材料でなければならないといったむしろ必須の材料が、個人輸入に頼らなければならないという大きな問題が起きているのです。
少なくとも、アメリカなどの先進国で薬事承認をされている材料等は日本でも簡単な承認審査で販売できるようにするべきでしょう。

また、販売が好調な審美材料や、CAD/CAM製品など、歯のもちや、治療の質とは必ずしも関係のない材料が非常に好評に売れており、本来の歯科治療の目的とは違う儲かる分野だけの材料しか日本で多く販売され、それ以外の必要な材料は苦労しないと手に入らないといった、とんでもないことまで起きています。つまり患者さんのニーズに迎合したり、中身とは関係ない経営に走る歯科医院がそれだけ多いことを示しているのです。

例えば日本で最も増えている材料はレジンですが、これは審美性も良く非常に良く売れています。世界的なスタンダードから考えて歯科治療で最も経過が良い材質は金とアマルガムです。ほとんどの国で臼歯部はこのような材料が使われているのに、日本ではほとんど使われることがありません。

保険制度から考えると、治療費が比較的安価である日本では、自由診療に対する偏見があったり、患者さんもコストを抑えようとする傾向があります。歯科医としての通常の感覚では土台にレジンを使ったり、奥歯にセラミックやレジンを使うことはありえないことです。しかしコスト面で考えるとゴールドよりはるかに安価で患者さんが導入しやすく、自由診療を説得しやすい材料であることはたしかです。保険制度で苦しんでいる日本の歯科医にとってはまさしく救世主のような材料といえると思います。

自由診療用のレジンと保険適応のレジンはあたかも全く違う材料の様に表現されていることがありますが、中に入っているフィラーなどの材質が多少違うものの、樹脂であることに変わりはありません。金属と違い水分を吸収して比較的短い期間で劣化したり、磨り減ったりすることは歯科医として知っていて当たり前の常識です。

アマルガムは100年以上の歯の治療に用いられてきた材料で、もちやできる限り歯を残して治療を行うためにはどうしてもこの材料でなければ治療が出来ない形状の虫歯があります。しかし、技術的にはレベルが高く、歯科医師とアシスタントに高度な技術が要求されるため、日本でこの治療をきちんとできる先生はわずかで、年々少なくなっています。

この実態は、多くの歯科医が、「審美などの儲けのあがり、患者受けの良い(これは歯科医が今まで患者さんの正しい知識の教育を怠り、ネットなどで虚偽の情報をひろめてきたことが原因ですが)材料は買う」が、「本質的歯のもちや、耐久性がきっちりした材料にはあまり興味がない」という、歯科業界自体の崩壊ともとれる事態が起きていることをしめします。

少なくとも、歯をきちんと治すための材料がもう少し売れ、メーカーも薬事承認を辞めない程度には、そのような材料も売れてくれないと「自由診療で歯がきちんと治る治療をしている先生は本当にいるの?」と悲しい気持ちになるわけです。

世界基準からかけ離れた日本の歯科!

世界の多くの人にとって、歯科治療は健康維持にとって非常に重要であると考えられています。

日本では、保険制度が日本人の健康を支えてきたことは間違いありません。

しかし、必要最低限と呼ばれる今の日本の保険制度による歯科医療は、何を最低限と呼ぶのかにもよりますが、歯を治すための世界の標準的な歯科治療と比較するには、おこがましいレベルであるといえます。

しかし、残念ながら、日本では国民皆保険制度があるために、歯の治療は保険診療で十分であると思っている患者さんが少なくありません。

しかし、他の先進国の歯科治療レベルと比較すると、保険制度の治療では、金額的にはリーズナブルではあるが、中身に関してはクエッションマークがつく状態であることは否定できない事実でしょう。

国民皆保険制度が、患者さんの歯科の価格やその内容に対する正しい理解を阻んでいることも事実で、その結果日本の歯科のスタンダードは世界のそれと比較してかなりズレているといえます。

近年保険制度での治療では採算が合わなくなったことで、自由診療を取り入れる歯科医院が多くありますが、それが、審美であったり、必ずしも適切とは思えないインプラントなどの偏った治療で自由診療に移行しているのが、日本の歯科の特徴です。


歯科治療自体は本来は地味で緻密な作業で、その地味な作業の積み重ねによって、人間の生命にとって根本的な噛むという機能を維持されるのです。

審美的な目的や、人工の材料を骨に埋め込む手術(入れ歯でもきちんと作れば十分ものは普通に食べれることができる)などは本来の口腔機能を治療する作業と異なるものです。

このような地道な作業は歯科医学的に基本に忠実な治療を確実に行えば本来達成されるものなのです。

ですから、保険の適応があるなしにかかわらず、基本的な歯の治療はきちんと行うことが必要です。

ところが、保険の費用は正しい治療が出来る金額ではない、という事実が知れ渡っていなかったり、基本に忠実で保険適応である治療(虫歯治療や根の治療、入れ歯の治療など)でも、コストのかかる治療を受ける意味を理解していなかったりしています。

そんなことから、基本的な治療では保険を適応し、国のルール上、保険が効かない審美やインプラント、矯正治療だけを活発に自由診療化するという、基礎工事では出血サービス、儲かりそうなところで取り戻すという、日本独特の歯科の自由診療へのシフトの構造へと変遷してきました。

何故このような問題が起こるかといえば、国民会保険制度の中で、歯科医はかならず保険医登録をしますが、開業医となって健康保険適応の医院となると、保険診療を希望された場合、絶対に断れないというルールがあるため、保険適応医院では必ず保険診療と自由診療を同時に行わなければならなくなります。

つまり、レストランで言えば赤字覚悟の定食屋と高級なフランス料理屋を同時に開いているようなものです。
定食屋とフランス料理やでは仕入れる食材も、食事を出す食器も、そしてサービスも全く異なりますから、こんなことは実現不可能です。

しかし、日本の歯科医院は99.9%が健康保険適応医院なので、このような開業形態の歯科医院がほとんどであるといえます。これでは世界レベルの質を保つことが難しいのは当たり前と思います。

つまり皆保険制度が、日本の歯科医療の質を押し下げている現状があり、健康保険が適応でない歯科医院が増えてこなければ、日本全体の歯科のレベルはなかなかあがりそうにありません。

カテゴリー一覧

当院で治療をご希望の方、一度、ご相談ください


トップへ » 当院の3つの特徴 » 質の高い治療を受けたくありませんか? » 歯科、世界のスタンダードのと日本スタンダード?


コールバック予約

PAGE TOP