トップへ » 医院について » 過去の記事一覧 » よくある質問と回答 » 症状に関する質問 » 親知らずを抜くと顔の輪郭が変わるのでしょうか?

親知らずを抜くと顔の輪郭が変わるのでしょうか?

親知らずは現代人では、普通に生えることがなくなってきています。これは親知らずが生えるためのスペースがなくなってきているためです。

また親知らずは歯槽骨の面に対して垂直に生えようとするので、親知らずは必然的に前側の歯を押す様な力をかけることになります。これによって歯列全体に不適切な力がかかり、歯並びが乱れ、かみ合わせが悪くなったり、歯ぎしりがひどくなったりします。

これによって顔の筋肉に異常がおき、顔の輪郭が変わることがあります。親知らずを抜くとおおむね良い方向に進みます。また埋まっている歯が筋肉にストレスとなってえらが張っていたのが治ることがあります。

親知らずを抜いて調子が悪くなる人がまれにいます。
ほとんどの場合、これはかみ合わせがよい方向に進む前の好転反応のことが多いのです。

しかし、場合によっては奥歯の高さが下がることによって、顎が右から見て時計回りに回転し、前歯が強く当たるようになり、顎が奥に押し込まれるようになることがあります。

そうなると急にえらが張ってくることもあります。

下の親知らずは主に顎が前に出ることを邪魔していることが多く、抜くことによって顎が前に出やすくなるのですが、これが今までの体のバランスと折り合いがつかないために起こることが多いようです。

あまり悪くなってしまう場合、矯正治療などで、顎が前に出た状態でかみ合うように治療する必要がある場合もあります。


トップへ » 医院について » 過去の記事一覧 » よくある質問と回答 » 症状に関する質問 » 親知らずを抜くと顔の輪郭が変わるのでしょうか?


コールバック予約

PAGE TOP