トップへ » 医院について » 患者様の声 » 顎関節症の治療を受けた患者さま

顎関節症の治療を受けた患者さま

患者さまB

かぶせものをすべて白い歯にしてから、調子が悪くなりました。かみ合わせの治療でマウスピースをしただけで、スポーツの記録が20%程度アップしました。周りの人が見ても明らかな違いに驚いています。

院長
奥歯に白い歯を入れる時、割れないようにかみ合わせを調整する場合がありますが、奥歯のかみ合わせを低くされると、運動能力が極端に落ちることがあります。

歯の治療を受ける時も審美性だけにとらわれず、きちんとしたかみ合わせを作れるように治してもらったほうがよいでしょう。
患者さまC

かみ合わせの治療で矯正治療をしていると、呼吸がだんだん楽になってきました。顎が少しづつ動いているのが分かります。

院長
矯正治療は、歯並びを治すのと、顎の位置を治すのと両方の治療を行うことが、正しい治療です。

単に歯並びだけ治してても機能がきちんとならないことがほとんどです。歯科医がきちんと正しいかみあわせに顎の位置を誘導してあげると、歯並びもかみ合わせも驚くほどよくなります。
患者さまD

かみ合わせの治療をしているうちに、10年来の首の凝り、肩のこりが無くなってきました。体調もだんだん良くなってきているのが分かります。

院長
人間はストレスを受けると無意識に顎を引いてしまいます。もともとかみ合わせが悪くなければよいのですが、悪い場合顎をどんどん引いてしまうため、かみ合わせが奥に入り、首や肩まで緊張するようになってしまいます。

ひどくなると、腰や全身の筋肉にまで影響が出るようになります。かみ合わせがひどくなると、整体などで腰を治してもらってもすぐに元に戻ったりします。

トップへ » 医院について » 患者様の声 » 顎関節症の治療を受けた患者さま


コールバック予約

PAGE TOP