トップへ » 医院について » 院長メッセージ・経歴 » 歯の治療に対する私の考え

歯の治療に対する私の考え

●治療において、失った歯や、失った部分をできるだけ侵襲を少なくし、もとの状態に戻す。
●狂ったかみ合わせを想像してもとの状態に戻すだけでなく、患者さんのもとの噛み合わせを理想的なものへと治療し、それによって全身の骨格を理想的にすることによって、患者さんの人生で最高のレベルまでの体調へと治療してゆく。

これが、私の治療の基本です。

かみ合わせが生まれつき悪かったり、治療でおかしくなってしまっている場合も、かみ合わせを理想的に治すことによって、以前より格段に咬みやすくなったり、体調が良くなるのです。これは治療前より単に歯の調子が良くなることを意味しているのではなく、人生で今まで経験したことがないレベルにまで、歯のみならず全身を治すことを意味します。

「シンプルでかつ、洗練された治療」
人間は本来自然の状態でベストの機能を発揮できるようになっているはずです。

つまり、
感染(虫歯)を取り除き、かみ合わせを本来の正しい状態に持って行ってやれば、自然によい状態を維持できるのです。

実際の理想の治療は極めてシンプルなものです。

難しいと言われる入れ歯も、実際私の作る入れ歯を見て頂ければ、極めてシンプルなものだと理解できると思います。

物事は複雑にすればするほど、うまくいかなくなります。それはそれぞれの作業に介在するエラーが多くなってしまうからです。

「シンプルでかつ、洗練された治療(SIMPLE and FINE)」それが最も普遍的な正しい治療なのです。


トップへ » 医院について » 院長メッセージ・経歴 » 歯の治療に対する私の考え


コールバック予約

PAGE TOP