トップへ » 医院について » 院長メッセージ・経歴 » 私自身の歯にまつわるお話

私自身の歯にまつわるお話

私自身の歯にまつわるお話私は中学生のころから歯が悪く、頻繁に歯医者に通っていました。

治療後に、恐ろしいほどの便秘......
そのときも歯科検診で虫歯があるといわれ、仕方なく歯医者で詰め物を入れてもらいました。でも、実際のところ虫歯はほとんどなく、歯科医はかみ合わせの面に見えた黒い筋状の着色を虫歯と勝手に判断し、治療を行っていたのです。

すると、虫歯を治療された直後から、恐ろしいほどの便秘が続きました。便秘は一ヶ月以上も続きました。

練習後の激しい肩こりと首の痛み
大学生の時、剣道部に所属していました。

ある時から、練習が終わると、いつも激しい肩こりと首の痛みに襲われるように。しかし、これは激しい運動のせいだろうと思っていました。

当時の肩こりは相当ひどく、「このまま年をとったらいったいどうなるのか」と心配するほどだったのを覚えています。

被せ物治療後の激しい下痢と腹痛、背中への異常な湿疹
そして再び、歯の治療を受ける時が大学5年生の時にやってきました。先輩のかぶせもの治療の練習台になったのです。

治療を受けた後、激しい下痢と、腹痛、そして背中に異常な湿疹ができてきました。

内科や皮膚科を何軒もまわりましたが原因は分からない。そのまま放置して我慢するしかありませんでした。

肩車した拍子に首が動かなくなる
その後、分院長経験、開業とさまざまなストレスを乗り越えながら、30代も終わりかけたころ、ある日娘を肩車した拍子に、首が動かなくなりました。

その時は注射を整形外科で打ってもらい何とか治りましたが、もう肩車をしなくなってしまいました。

太ももの肉離れ
寒い夜、テニスをしているとボールを追いかけた拍子に、太ももに痛みが。なんと、肉離れを起こしていたのです。


トップへ » 医院について » 院長メッセージ・経歴 » 私自身の歯にまつわるお話


コールバック予約

PAGE TOP