トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 親不知の「抜歯」について » » 矯正治療で親知らずは抜くのですか?

矯正治療で親知らずは抜くのですか?


矯正治療では親知らずは特殊な場合を除いてほとんど抜歯します。

それは、親知らずが骨に埋まっていたままだと、歯の矯正治療に悪い影響を与えるからです。

下のレントゲンは、矯正前と矯正治療後の写真ですが、矯正のところで書いてあるように、日本人はほとんどの場合、歯が並ぶスペースが欧米人より少ないので、多くの場合、歯を後ろに送る必要があります。

つまり、歯を抜かないで治療をしたり、お口の中のスペースを広げたりするためには、親知らずが奥歯を押している事があり、早めに抜く必要があるのです。


トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 親不知の「抜歯」について » » 矯正治療で親知らずは抜くのですか?


コールバック予約

PAGE TOP