トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 顎関節症治療(顎だけでない不調も治したい) » どうして顎関節症になるの? » 顎関節症が悪くなる原因

顎関節症が悪くなる原因

顎関節症になる原因は以下のものが頻度順にあります。

1. 成長期に何らかの理由で、顎が後ろ、あるいは左右で生体にとって好ましくない位置でかみ合わせが出来てしまった場合
2. 高いかぶせ物や、低いかぶせ物などを入れられたことによって、かみ合わせが変わってしまったことが原因で起きる場合(インレーの様な小さい詰めものでも起こる)
3. 誤った矯正装置や、矯正によるかみ合わせの与え方によって医原生に引き起こされた場合

なぜこれらが顎関節症の原因となるのか?

1.人間の顎は非常に特殊な構造となっており、上顎に対して非常に自由に下顎は位置できるようになっています。下顎が自由に動くということは単に重心が変わるのみならず、筋肉のバランスが変わってしまうので、さまざまな不定愁訴を伴う顎関節症が発症するのです。家族性に同じような顎関節症が起こるのも、骨格の構造や、癖、筋肉のバランス、顎の使い方などが似てくるからです。

2.高い被せ物や、低い被せものを仮に入れられても、ほとんどの人はずっと高いとか低いとは感じることはありません。1日から1週間程度で高さに慣れ、何も感じなくなります。 しかし、これは慣れたのではなく、顎の筋肉にある筋紡錘というセンサーが働き脳に"高いぞ"という感覚を伝え、それを受けて脳がかみ合わせの位置を調整するよう筋肉に命令を出しているのです。咀嚼筋(かむ際に使用する4つの筋肉・・咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋)の中で、かみ合わせの位置を調整するために特定の筋束が収縮してしまうので、筋肉の中で不適切な緊張が起きる部分ができてしまいます。
このように緊張した筋肉は常に過剰なストレス状態を強いられることになります。これが日常生活の無意識の噛みしめを生んでしまいます。噛みしめや緊張を繰り返すうちに、かみ合わせを調整するために緊張していた筋肉の一部だけでなく、咀嚼筋すべてが緊張するようになってしまいます。
これが続くと、筋肉は常に疲労した状態となり、少し硬いものを食べたり、しゃべり続けたり、歌ったりするだけで、顎の筋肉がこむら返しを起こしたような状態になるのです。
"朝起きてみると、口が開かない"というのは患者さまからよく聞く話です。これは、夜の間中噛みしめをしているので、寝ている間ずっと、口の筋肉を緊張状態にしているからです。このような人はどんなに寝ても朝疲れが取れていませんから、日常生活の効率は著しく悪くなるのです。

gaku09.jpg

この患者さまは、上の奥歯がわずか数十ミクロン低かっただけで、ひどい顎関節症になってしまった患者さまです。
このようなことが起こる原因は、主にいっぺんに両側の奥歯の治療を行ったり、ブリッジを作成する際に適切な高さの仮歯を入れなかったりすることによって発症します。
口の中を見ても、また通常の(100ミクロン程度の厚み)の咬合紙を使っても低いかどうかはわかりにくいものです。正確に高さを調べるには通常のものよりも薄い8ミクロン程度の厚みの咬合紙が必要となります。
実際は薄い咬合紙を使ってみても、しっかり噛んでいることが多く、なぜ患者さまの症状が悪くなったのかわからないことがしばしばです。これは低い仮歯や両方削って治療したことによって、かみ合わせの奥歯の高さが低くなり、あごの筋肉がそれに適応してしまい、顎自体が回転してしまったからにほかなりません。
このような場合かみ合わせの高さをあげなければなりませんが、低くなった一番奥の歯の身を高くしなければ治りません。(通常の咬合挙上とはまったく違います)これがつぼです。これを理解しないで顎関節症を治療しようとするから治らないのです。


3.歯並びが悪かったり、かみ合わせが悪かったりする場合は2と同じ理由で、顎関節症になる場合があります。ただしこの場合は人工的にかみ合わせを狂わされたのとは少し様相が変わり、次の三つの場合が顎関節症の原因となります。一つ目は、ただ単純にかみ合わせの位置がずれている場合(上の歯と下の歯で噛み合う位置と顎の関節がしっかりおさまる位置がずれている場合)で、このケースが最も多くの顎関節症の患者さまで見られます。かみ合わせがずれているので、顎の位置を自分で調整して、咬めるようにしているのです。
一つ目の例
gaku10.jpg gaku11.jpg これだけかみ合わせがヅレていると、顎の筋肉のみならず、首、肩、そして背骨全体にまで影響が及び、当然体調も悪くなります。(顎にとって正しいかみ合わせでは矢印部分しか噛み合わない)
普段のかみ合わせの位置 顎の関節が正しく収まった
位置のかみ合わせの位置

二つ目は、咀嚼するために顎を動かすときの歯の当たりかたが悪い場合です。食事をする際、顎はまっすぐ下にあけられているのではなく歯を横にずらしつつ咀嚼しています。正しいかみ合わせの人では、横に動かすときに犬歯だけがあたるようになっています。しかし犬歯以外の歯や、咀嚼していない側の歯が咀嚼中に当たると、顎二腹筋(顎の下あたりにある筋肉)などに緊張を引き起こすことが知られています。このようなかみ合わせが原因で顎関節症になる患者さまの代表に叢生(歯並びがガタガタ)があります。
gaku12.jpg 歯並びに叢生があると、正常な咀嚼運動ができませんから、食事も実は十分に咬めていないことになります。(矢印部分でかみ合わせが引っかかっている)

三つ目は、犬歯が当たる角度(横に顎を動かすときの歯のあたる角度)がきつすぎて顎の筋肉に過剰な緊張が現れてしまう場合です。過蓋咬合(下の歯が見えなくなるぐらい上の歯がかぶってくる状態)の患者さまがこのような問題を持っていることが多いです。「口が開きにくい」、「開けようとすると顎の関節が引っかかる」、「首や肩が異常なほど凝る」などを訴えることがあります。
gaku13.jpg 過蓋咬合の例です。歯並びが一見余り問題がないように見えますが、激しい顎関節症の症状に悩まされていた患者さまです。(矢印部分の犬歯の角度に注目)

顎関節症は自分の体の状態に対して敏感な人がかかりやすい傾向にあります。しかし、不調を感じないからといっても、かみ合わせに問題があれば、正常というわけではありません。自分の状態を認識していないだけであって、決して健康な状態というわけではありません。肩こりを知らなかった人に肩をマッサージしてやると自分にも肩こりがあると気づくようになります。体の不調に対して無頓着であるために、わからないのですから、決して良いことではありません。(当院で治療をすると自分も顎関節症であったことに気づく人がたくさんいらっしゃいます。)体調不良をすぐ訴えている人が意外に長生きで、いつも元気にしていた人が急に「コロッ」と死んでしまうことは自分たちの周りでもよくあることです。常に自分の体の声を聞くことができる人が長生きできるのです。

顎関節症の原因は、かみ合わせでは上記のようにさまざまですが、もっとも症状をひどくしてしまう原因は実は現代人のストレスにあるのです。
人間は社会的動物である以上、さまざまなストレスにさらされています。そのストレスを発散するひとつの方法として、歯軋りがあるといわれています(実際研究でも証明されています)。したがって現代人のように高いストレスに常にさらされている場合、歯軋りはいっそうひどくなり、歯にひびが入ったり、それが元で虫歯になりやすくなったり、かみ合わせの力で歯周炎になりやすくなったりと、さまざまな問題が生じているのです。
かみ合わせが悪いという条件はさらにひどい噛みしめを促し、また歯軋りの力は、普段自分でおもいきりかみ締めるときに出る力よりもはるかに大きいことが知られています。
虫歯は克服されても、文明病としての顎関節症と、顎関節症がもたらす虫歯などは正しいかみ合わせの治療と正しく作られたナイトガードが普及するまでは減ることはないでしょう。

トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 顎関節症治療(顎だけでない不調も治したい) » どうして顎関節症になるの? » 顎関節症が悪くなる原因


コールバック予約

PAGE TOP