トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 修復治療(二度と悩ませない!もちにこだわる治療とは?) » ラバーダム防湿について » 治療に必ず使用するラバーダム

治療に必ず使用するラバーダム

ラバーダムラバーダムとは、治療の際に歯に装着するゴムの膜のこと。

ラバーダム防湿はすでに100年以上前から歯科治療で使われてきました。ラバーダムには以下のメリットがあります。

ラバーダムのメリット
・治療中、歯が感染することを防ぐ
・治療中、器具などで患者さまの粘膜、舌などを傷つけてしまうことを防ぐ
・治療部位を見やすくし、治療の精度を上げる
・患者さまが安心して治療を受けることができる(恐怖感からの開放)

当院の歯科治療では、このラバーダムを用いて、患者さまの負担を軽減。丁寧で確実な治療を行っています。

修復治療などを行うとき

修復治療などを行うとき01左の写真は10本歯を露出する方法です。この方法は主に土台の型や、かぶせ物の形を作るために削ったり際に行う方法です。10本露出しているので、かみ合わせがどのようになっているかわかります。

ラバーダム防湿には多種多様のクランプ(ラバーダムを固定する装置)が用意され、これを使い分けることによって適切な防湿と、適切な治療が行えるようになります。

クランプの使い方を教えてもらっていない人(日本の歯科大学では、ほとんど教えてくれない)は、ウェッジのようなゴムを使いますが、これは治療の作業が行いにくくあまり良い方法とは言えません。

修復治療などを行うとき02左の写真はくさび状の欠損を修復する際に使われるクランプです。

修復治療などを行うとき03左の写真のようにこのクランプを使用しないできちんと防湿して材料を詰めることはできません。

修復治療などを行うとき04材料の仕上げをしているところ。

修復治療などを行うとき05材料の仕上げをしているところ。

根管治療を行うとき

根管治療を行うとき01根管治療を行う際に一本の歯だけを露出する際に行います。比較的歯冠部(歯の頭の部分)が多く残っている場合にこのようにしてかけることができます。

根管治療を行うとき02ブリッジになっている歯に対しては、左の写真のように特殊なラバーダムのかけ方を行います。
ラバーダムを切る方法もありますが、こちらの方法のほうが防湿効果は高くなります。


トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 修復治療(二度と悩ませない!もちにこだわる治療とは?) » ラバーダム防湿について » 治療に必ず使用するラバーダム


コールバック予約

PAGE TOP