トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 快適な歯並びと噛み合わせで健康を » 矯正治療の目的とは? » 矯正治療の目的とは?

矯正治療の目的とは?

矯正治療をしようとしている方の大部分が見た目を治そうと考えています。
もちろんそれも重要な目的の一つですが、それだけでは本当の意味の矯正治療の
目的を達成したとは言えません。
矯正すると見た目がよくすることや、虫歯や歯周病になりにくくなったりしますが、それ以外にかみ合わせをよくするというメリットがあるのです。

1.かみ合わせを治す
皆さんは矯正治療をすれば、当前かみ合わせは良くなっているだろうと思うでしょうが
残念ながら必ずしもそうではありません。
矯正治療をして歯並びは一見良くなったように見えるのに、首が痛くなったり、肩が凝っるようになったといった問題を抱えた方も少なくありません。これはかみ合わせと全身の筋肉が大きくかかわっているからにほかなりません。どうせ矯正をするのであれば、このような問題も取り除いてもらったほうがよいでしょう。

2. 噛み締めを弱める
噛み締めはかみ合わせが悪いと引き起こしやすくなります。かみ合わせの悪い人はより食い縛ったりする癖が多いのです。これは矯正を行うことで正しいかみ合わせに治してゆくと自然に少なくなり、それに伴って肩コリや首の痛みがなくなってゆくのです。現代人はストレスが多く、かみしめがひどい人がたくさんいます。これを治すのも矯正の役目です。

3.顔の輪郭が美しくなる(矯正による顔の輪郭を矯正できる)
骨を削ったり、たるんだ頬を引っ張ったりしなくても、矯正をすることによって、顎の筋肉が正常になり、えらが張っている人や、頬骨が出ている人も、変化が起こってきます。ほとんどすべての患者さまが、顔の輪郭が良い方に変化します 

4.歯のひび、歯周病の増悪を防ぐ(咬み絞めが原因のもの)
咬み絞めがひどいと、歯にヒビが入り、虫歯になりやすくなったり、奥歯に過大な力がかかって、歯周病を早めます。これらもかみ合わせを考えた矯正治療で予防することができるのです。このように矯正治療はただ単に見た目を治すだけではなく、かみ合わせを治すことによって、さまざまな効果が期待できるのです。

トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 快適な歯並びと噛み合わせで健康を » 矯正治療の目的とは? » 矯正治療の目的とは?


コールバック予約

PAGE TOP