トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 快適な歯並びと噛み合わせで健康を » 矯正で歯に出来るだけ力をかけない? » 矯正力と歯の根との関係

矯正力と歯の根との関係

矯正治療は、根をならべている。

「本当なの?」そう思う方がほとんどでしょう。
しかし、治療という観点からして、矯正治療は実は歯並びを治すのではなく「根をならべるのが本来の目的とする治療」なのです。

矯正が上手くいくということは、かむ力がかかったときに効率よく咀嚼できるように、根が噛み合わせの面に対してほぼ垂直に並んでいなければなりません。

極端に言えば、歯冠(歯の頭の部分)がどうであろうと、「力学的に根がかむ力に耐える位置に並んでいれば機能回復という意味では矯正治療は成功」といえます。

一方、一見歯並びがきれいにみえても、根の方向がばらばらになっていることもしばしば見受けられます。

これこそが矯正治療を行う先生の矯正治療に対する考え方がダイレクトに反映されるところなのです。

そう考えると審美を目的として矯正を行うのは本筋でないことが分かります。


トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 快適な歯並びと噛み合わせで健康を » 矯正で歯に出来るだけ力をかけない? » 矯正力と歯の根との関係


コールバック予約

PAGE TOP