トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 快適な歯並びと噛み合わせで健康を » 当院独自の矯正治療技術 » 顎関節症とデーモンブラケット

顎関節症とデーモンブラケット

顎関節症の患者さまが矯正治療をお願いすると、ほとんどの先生が嫌がられます。

これは、顎関節症の原因をほとんどの歯科医がわかっていないためです。実際は治療によって余計に悪くなってしまうと取り返しがつかなくなってしまうからです。

また顎関節症の患者さまは好転反応といって、治療中によくなると同時に一見悪くなったように見える体の反応が起こるので、非常に治療が難しいのです。

しかし、私自身が顎関節症であった(自分では軽傷と思っていたのですが実際は重症であった)ことと、それを自分で治療し(矯正治療にて)、また現在いらっしゃっている患者さまを何十人も治療することによって、顎関節症の本質と治療法を理解するに至りました。

顎関節症の治療では顔の形が変化します
顎関節症の矯正治療による治療では、顔の形は格段に変化します。

一般的に矯正治療は顔つきが変わることは知られていますが、顎関節症を理解して治療をした場合、顔の形は格段に変化し、別人になります。(女性はかわいらしく、男性は若返ったりします)

このような変化の理由は、筋肉の緊張が顎関節症を起こしているため、表情筋までは硬直し、咬筋や側頭筋などの噛むための筋肉は緊張して頭蓋骨まで変形させてしまうからです。

できるだけ弱い力で歯を引っ張るデーモンブラケット
このような観点から考えて、矯正する際にはできるだけ弱い力で歯を引っ張る必要があります。つまり、1/10以下程度の力しかかからないデーモンブラケットは顎関節症の矯正治療にもっとも適しているといえるのです。

しかし、顎の緊張を生みにくい矯正治療の装置があるのであれば、どのような人にも適切であると考えられます。

そのような考えかたから、当医院ではデーモンブラケットのみを扱うようになったのです。


トップへ » 治療を支える6つの取り組み » 快適な歯並びと噛み合わせで健康を » 当院独自の矯正治療技術 » 顎関節症とデーモンブラケット


コールバック予約

PAGE TOP