トップへ » 当院の3つの特徴 » 歯の治療で心と身体がかわる? » 包括的治療とそれに必要な技術 » 一歯単位ではなく口腔内単位の治療を前提としています

一歯単位ではなく口腔内単位の治療を前提としています

日本ではまだ、歯を治療する際、痛い歯や目に見えて虫歯になっている歯だけを治療すればよいと考えている方がいらっしゃいます。

しかし、お口の中を健康にし、それを維持するためには、口の中のすべての虫歯や根の病気、歯の汚れ、だけでなく、かみ合わせも治っていなければなりません。

かみ合わせが悪ければ、たとえきちんと治してとしても、無理な力がかかって、詰めたものが脱落したり、歯にひびが入るなどのトラブルを起こすリスクが高まるのです。

歯科の専門家にしてみると、専門家でない患者さまが治療を必要と考えている歯だけを治しても意味がないと考えるのは当然といえます。

つまり、口は一つの器官と考えて、治療を行わなければ、良好な経過を得ることはできません。

ですから、私どもは、治療を行うに当たり、部分的で不完全な治療の計画を立てることは敢えてしておりません。それでは、将来にわたって良好な経過を得ることが難しいと知っているからです。

車でも点検時、所有者が必要な部分だけ点検することはありませんし、たとえ異常だと感じていなくても、問題のある個所は修理が必要なように、歯の治療も専門家が見て必要と考える治療はすべて行う必要があり、それも一口腔単位と言って、お口全体のバランスを考える必要があるのです。

私どもが、目指すのは、健康な歯と、バランスのとれたかみ合わせ、最終的には、それに伴う、バランスのとれた体なのです。


トップへ » 当院の3つの特徴 » 歯の治療で心と身体がかわる? » 包括的治療とそれに必要な技術 » 一歯単位ではなく口腔内単位の治療を前提としています


コールバック予約

PAGE TOP