トップへ » 当院の3つの特徴 » 歯の治療で心と身体がかわる? » 噛み合せが変わると身体に何が起こるの? » 肩凝りと首こり、歯と関係があるの?

肩凝りと首こり、歯と関係があるの?

最近、さまざまな歯科医院で「肩凝りや、首こり、不定愁訴と噛み合わせとの関係性」が紹介されています。果たして本当でしょうか?

答えはもちろんイエスです。

歯の噛み合わせは、全身の骨格や姿勢のバランスに強い影響を与えています。人間の体の恒常性は精巧な全身のバランスで保たれているため、歯の治療や噛み合わせの治療をする際は、そのことを理解して行う必要があるのです。

それを理解していないで歯と噛み合わせの治療を行うと噛めないといった単純なトラブルだけではなく、思っても見なかった全身の症状を招くことさえあるのです。

自分自身が「噛み合せの不具合が原因の顎関節症」による、不定愁訴に悩まされ、歯の矯正と整体の治療を受けたで、完全に復活することができた経験を生かし、10年以上にわたる治療の試行錯誤から現在の治療方法にいきつくことができました。幾度も思い通りの結果が得られず。その都度新しい方法を模索しました。

そして患者さんによるバリエーションを理解しそれを解明することはとても大変な作業でした。

さまざまな患者さんを診療してきた経験から、敏感な方は、歯の治療や噛み合せの治療による変化で問題が生じやすいので、インプラントや審美治療といった機能を重視していない治療を受ける際は、問題が生じうることを考え、慎重に治療を受けるかどうかを判断したほうがよいでしょう。。

この種の治療ではかみ合わせの変化や、材料、インプラントへの異物反応で、首こり、肩凝りとどまらず、倦怠感、精神的落ち込みなどの不定愁訴を引きおこすことがあるからです。しかし歯の治療やみ合せが原因と気づくことは難しく、症状がひどくなってから気づくことも少なくないのです。あまりひどくなると最後は痛みに対する感覚まで麻痺してしまい、悲しい人生を送ることになるのです。

当医院で歯の治療と噛みあわせの治療を受けた患者さんは、このような症状から脱却し良好な経過を取っていらっしゃる方がほとんどです。もっと早くくればよかったとおっしゃる方も実は多いのです。

これら肩凝りや首こりは顎関節症の症状のひとつですが、一口に顎関節症といっても、単に顎がカクカク鳴るものよりは、様々な体調不良が起こったりして、非常に深刻なものの方が治療の緊急度は高いのです。

このような顎関節症では、集中力が低下したり、精神が落ち込んできたりと放置できない、さまざまな症状が出ることがあるのです。


トップへ » 当院の3つの特徴 » 歯の治療で心と身体がかわる? » 噛み合せが変わると身体に何が起こるの? » 肩凝りと首こり、歯と関係があるの?


コールバック予約

PAGE TOP